add_image_size

(2.9.0以降)
add_image_size - 画像のサイズを設定する

説明

void add_image_size( string $name [ , int $width = 0 [ , int $height = 0 [ , bool $crop = false ] ] ] )
画像のサイズを設定する。

パラメータ

  • $name
    画像サイズの名前を指定。
  • $width
    アイキャッチ画像の幅を指定(省略時は0)。
  • $height
    アイキャッチ画像の高さを指定(省略時は0)。
  • $crop
    縮小時に切り抜きする場合はtrue、しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

返り値はありません。

注意

アイキャッチ画像の表示サイズは'post-thumbnail'が使用されている。

使用例

  • 'small-feature'という名前でサイズを設定する。
    <?php add_image_size( 'small-feature', 500, 300 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

最終更新日時 : 2016-12-19 13:27