add_menu_page

add_menu_page - メニューを登録する

説明

mixed add_menu_page( string $page_title, string $menu_title, mixed string $capability, string $menu_slug [ , mixed $function = '' [ , string $icon_url = '' [ , int $position = NULL ] ] ] )
メニューを登録する。

パラメータ

  • $page_title
    メニューページのタイトル。
  • $menu_title
    メニュー名。
  • $capability
    メニューの権限(レベル数または権限名)。
  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。
  • $function
    メニューページのコールバック関数。
  • $icon_url
    メニュー横に表示されるアイコンファイルのURL(省略時は'')。
  • $position
    メニューの追加位置を示す番号を指定(省略時はNULL)。

返り値

メニューが登録できた場合はフック名を返す。ログインしているユーザーが指定された権限を所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityは、メニューを使用できるレベルまたは権限を指定できる(「LevelとCapability」を参照)。 パラメータ$menu_slugにはサイト内でユニークなメニューのスラッグを指定する(プラグインの場合は__FILE__を指定することが多い)。 パラメータ$icon_urlに指定するアイコン画像は16×16ピクセルのイメージで、省略した場合は/wp-admin/images/generic.png'(歯車のイメージ)が適用される。

パラメータ$positionは追加するメニューを「ダッシュボード」の上にする場合は1を、「ダッシュボード」の下にする場合は2をといった感じで番号を指定する。$positionを省略した場合はNULLが適用されメニュー情報の末尾に追加される。

使用例

  • メニューを登録する。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, 'myplugin_setting' ); ?>
  • メニューを登録する(コールバック関数がメソッドの場合)。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, array( &$this, 'myplugin_setting' ) ); ?>
  • アイコンを指定してメニューを登録する。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, 'myplugin_setting', WP_PLUGIN_URL.'/myplugin/images/icon.gif' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/plugin.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

最終更新日時 : 2017-06-22 15:22