add_menu_page

add_menu_page - メニューを登録する

説明

mixed add_menu_page( string $page_title, string $menu_title, mixed string $capability, string $menu_slug [ , mixed $function = '' [ , string $icon_url = '' [ , int $position = NULL ] ] ] )
メニューを登録する。

パラメータ

  • $page_title
    メニューページのタイトル。
  • $menu_title
    メニュー名。
  • $capability
    メニューの権限(レベル数または権限名)。
  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。
  • $function
    メニューページのコールバック関数。
  • $icon_url
    メニュー横に表示されるアイコンファイルのURL(省略時は'')。
  • $position
    メニューの追加位置を示す番号を指定(省略時はNULL)。

返り値

メニューが登録できた場合はフック名を返す。ログインしているユーザーが指定された権限を所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityは、メニューを使用できるレベルまたは権限を指定できる(「LevelとCapability」を参照)。 パラメータ$menu_slugにはサイト内でユニークなメニューのスラッグを指定する(プラグインの場合は__FILE__を指定することが多い)。 パラメータ$icon_urlに指定するアイコン画像は16×16ピクセルのイメージで、省略した場合は/wp-admin/images/generic.png'(歯車のイメージ)が適用される。

パラメータ$positionは追加するメニューを「ダッシュボード」の上にする場合は1を、「ダッシュボード」の下にする場合は2をといった感じで番号を指定する。$positionを省略した場合はNULLが適用されメニュー情報の末尾に追加される。

使用例

  • メニューを登録する。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, 'myplugin_setting' ); ?>
  • メニューを登録する(コールバック関数がメソッドの場合)。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, array( &$this, 'myplugin_setting' ) ); ?>
  • アイコンを指定してメニューを登録する。
    <?php add_menu_page( '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', __FILE__, 'myplugin_setting', WP_PLUGIN_URL.'/myplugin/images/icon.gif' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/plugin.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2017-06-22 15:22