add_meta_box

(2.5.0以降)
add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する

説明

void add_meta_box( string $id, string $title, string $callback, string $page [, string $context = 'advanced' [, string $priority = 'default' [, array $callback_args = null ] ] ] )
投稿ページに独自のメタボックスを表示する。

パラメータ

  • $id
    メタボックスであるdivタグのid属性値を指定。
  • $title
    メタボックスのタイトルを指定。
  • $callback
    メタボックスの内容を表示する関数名を指定。
  • $page
    ページの種類として'post'、'page'、'link'、'dashboard'、カスタム投稿タイプ名の何れかを指定。
  • $context
    メタボックスの種別として'normal'、'advanced'、'side'の何れかを指定(省略時は'advanced')。
  • $priority
    メタボックスの優先度として'high'、'core'、'default'、'low'の何れかを指定(省略時は'default')。
  • $callback_args
    表示用関数のパラメータを指定(省略時はnull)。

返り値

返り値はありません。

注意

この関数は管理者ページ専用なので、admin_initアクションで使用する(他に適切なアクションがあるかもしれないが)。
ダッシュボードに表示する場合は、パラメータ$contextに'normal'または'side'を指定する。

メタボックスの内容を表示するための関数は、次に示すように省略可能な2つのパラメータを受け取る仕様になっている。
$outputには、パラメータ$pageが'post'の場合は編集する投稿情報オブジェクト、'dashboard'の場合は''のように、メタボックスを表示するページの種類によって値が変わる。
$boxは連想配列となり、本関数の$callback_argsで指定した内容は、$box['args']で参照できる。

function meta_box_callback( [ mixed $output [ , array $box ] ] ) {
}

使用例

  • ダッシュボードに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'dashboard', 'side' );
    }
    
    function my_meta_box() {
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>
  • 投稿ページに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'post' );
    }
    
    function my_meta_box( $param ) {
    	// $paramは投稿情報
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/template.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • remove_meta_box - 投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40