add_meta_box

(2.5.0以降)
add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する

説明

void add_meta_box( string $id, string $title, string $callback, string $page [, string $context = 'advanced' [, string $priority = 'default' [, array $callback_args = null ] ] ] )
投稿ページに独自のメタボックスを表示する。

パラメータ

  • $id
    メタボックスであるdivタグのid属性値を指定。
  • $title
    メタボックスのタイトルを指定。
  • $callback
    メタボックスの内容を表示する関数名を指定。
  • $page
    ページの種類として'post'、'page'、'link'、'dashboard'、カスタム投稿タイプ名の何れかを指定。
  • $context
    メタボックスの種別として'normal'、'advanced'、'side'の何れかを指定(省略時は'advanced')。
  • $priority
    メタボックスの優先度として'high'、'core'、'default'、'low'の何れかを指定(省略時は'default')。
  • $callback_args
    表示用関数のパラメータを指定(省略時はnull)。

返り値

返り値はありません。

注意

この関数は管理者ページ専用なので、admin_initアクションで使用する(他に適切なアクションがあるかもしれないが)。
ダッシュボードに表示する場合は、パラメータ$contextに'normal'または'side'を指定する。

メタボックスの内容を表示するための関数は、次に示すように省略可能な2つのパラメータを受け取る仕様になっている。
$outputには、パラメータ$pageが'post'の場合は編集する投稿情報オブジェクト、'dashboard'の場合は''のように、メタボックスを表示するページの種類によって値が変わる。
$boxは連想配列となり、本関数の$callback_argsで指定した内容は、$box['args']で参照できる。

function meta_box_callback( [ mixed $output [ , array $box ] ] ) {
}

使用例

  • ダッシュボードに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'dashboard', 'side' );
    }
    
    function my_meta_box() {
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>
  • 投稿ページに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'post' );
    }
    
    function my_meta_box( $param ) {
    	// $paramは投稿情報
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/template.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • remove_meta_box - 投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40