add_meta_box

(2.5.0以降)
add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する

説明

void add_meta_box( string $id, string $title, string $callback, string $page [, string $context = 'advanced' [, string $priority = 'default' [, array $callback_args = null ] ] ] )
投稿ページに独自のメタボックスを表示する。

パラメータ

  • $id
    メタボックスであるdivタグのid属性値を指定。
  • $title
    メタボックスのタイトルを指定。
  • $callback
    メタボックスの内容を表示する関数名を指定。
  • $page
    ページの種類として'post'、'page'、'link'、'dashboard'、カスタム投稿タイプ名の何れかを指定。
  • $context
    メタボックスの種別として'normal'、'advanced'、'side'の何れかを指定(省略時は'advanced')。
  • $priority
    メタボックスの優先度として'high'、'core'、'default'、'low'の何れかを指定(省略時は'default')。
  • $callback_args
    表示用関数のパラメータを指定(省略時はnull)。

返り値

返り値はありません。

注意

この関数は管理者ページ専用なので、admin_initアクションで使用する(他に適切なアクションがあるかもしれないが)。
ダッシュボードに表示する場合は、パラメータ$contextに'normal'または'side'を指定する。

メタボックスの内容を表示するための関数は、次に示すように省略可能な2つのパラメータを受け取る仕様になっている。
$outputには、パラメータ$pageが'post'の場合は編集する投稿情報オブジェクト、'dashboard'の場合は''のように、メタボックスを表示するページの種類によって値が変わる。
$boxは連想配列となり、本関数の$callback_argsで指定した内容は、$box['args']で参照できる。

function meta_box_callback( [ mixed $output [ , array $box ] ] ) {
}

使用例

  • ダッシュボードに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'dashboard', 'side' );
    }
    
    function my_meta_box() {
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>
  • 投稿ページに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'post' );
    }
    
    function my_meta_box( $param ) {
    	// $paramは投稿情報
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/template.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • remove_meta_box - 投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する

お勧めコンテンツ

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40