add_meta_box

(2.5.0以降)
add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する

説明

void add_meta_box( string $id, string $title, string $callback, string $page [, string $context = 'advanced' [, string $priority = 'default' [, array $callback_args = null ] ] ] )
投稿ページに独自のメタボックスを表示する。

パラメータ

  • $id
    メタボックスであるdivタグのid属性値を指定。
  • $title
    メタボックスのタイトルを指定。
  • $callback
    メタボックスの内容を表示する関数名を指定。
  • $page
    ページの種類として'post'、'page'、'link'、'dashboard'、カスタム投稿タイプ名の何れかを指定。
  • $context
    メタボックスの種別として'normal'、'advanced'、'side'の何れかを指定(省略時は'advanced')。
  • $priority
    メタボックスの優先度として'high'、'core'、'default'、'low'の何れかを指定(省略時は'default')。
  • $callback_args
    表示用関数のパラメータを指定(省略時はnull)。

返り値

返り値はありません。

注意

この関数は管理者ページ専用なので、admin_initアクションで使用する(他に適切なアクションがあるかもしれないが)。
ダッシュボードに表示する場合は、パラメータ$contextに'normal'または'side'を指定する。

メタボックスの内容を表示するための関数は、次に示すように省略可能な2つのパラメータを受け取る仕様になっている。
$outputには、パラメータ$pageが'post'の場合は編集する投稿情報オブジェクト、'dashboard'の場合は''のように、メタボックスを表示するページの種類によって値が変わる。
$boxは連想配列となり、本関数の$callback_argsで指定した内容は、$box['args']で参照できる。

function meta_box_callback( [ mixed $output [ , array $box ] ] ) {
}

使用例

  • ダッシュボードに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'dashboard', 'side' );
    }
    
    function my_meta_box() {
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>
  • 投稿ページに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'post' );
    }
    
    function my_meta_box( $param ) {
    	// $paramは投稿情報
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/template.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • remove_meta_box - 投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40