add_meta_box

(2.5.0以降)
add_meta_box - 投稿ページに独自のメタボックスを表示する

説明

void add_meta_box( string $id, string $title, string $callback, string $page [, string $context = 'advanced' [, string $priority = 'default' [, array $callback_args = null ] ] ] )
投稿ページに独自のメタボックスを表示する。

パラメータ

  • $id
    メタボックスであるdivタグのid属性値を指定。
  • $title
    メタボックスのタイトルを指定。
  • $callback
    メタボックスの内容を表示する関数名を指定。
  • $page
    ページの種類として'post'、'page'、'link'、'dashboard'、カスタム投稿タイプ名の何れかを指定。
  • $context
    メタボックスの種別として'normal'、'advanced'、'side'の何れかを指定(省略時は'advanced')。
  • $priority
    メタボックスの優先度として'high'、'core'、'default'、'low'の何れかを指定(省略時は'default')。
  • $callback_args
    表示用関数のパラメータを指定(省略時はnull)。

返り値

返り値はありません。

注意

この関数は管理者ページ専用なので、admin_initアクションで使用する(他に適切なアクションがあるかもしれないが)。
ダッシュボードに表示する場合は、パラメータ$contextに'normal'または'side'を指定する。

メタボックスの内容を表示するための関数は、次に示すように省略可能な2つのパラメータを受け取る仕様になっている。
$outputには、パラメータ$pageが'post'の場合は編集する投稿情報オブジェクト、'dashboard'の場合は''のように、メタボックスを表示するページの種類によって値が変わる。
$boxは連想配列となり、本関数の$callback_argsで指定した内容は、$box['args']で参照できる。

function meta_box_callback( [ mixed $output [ , array $box ] ] ) {
}

使用例

  • ダッシュボードに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'dashboard', 'side' );
    }
    
    function my_meta_box() {
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>
  • 投稿ページに独自のメタボックスを表示する。
    <?php
    add_action( 'admin_init', 'my_admin_init' );
    
    function my_admin_init() {
    	add_meta_box( 'my_meta_box_post', 'Hello', 'my_meta_box', 'post' );
    }
    
    function my_meta_box( $param ) {
    	// $paramは投稿情報
    	echo 'Hello world!';
    }
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/template.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • remove_meta_box - 投稿ページのメタボックスを削除(非表示)する

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40