add_option

(1.0.0以降)
add_option - サイトオプションを追加する

説明

bool add_option( string $option [ , mixed $value = '' [ , mixed $deprecated = '' [ , string $autoload = 'yes' ] ] ] )
サイトオプションを追加する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名を指定。
  • $value
    サイトオプションの値を指定(省略時は'')。
  • $deprecated
    使用不可(省略時は''、次の$autoloadを指定する場合は''を指定すること)。
  • $autoload
    自動読み込みする場合は'yes'、しない場合は'no'を指定(省略時は'yes')。

返り値

$optionで指定した名前で$valueを保存できた場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

テーマやプラグイン独自のオプション情報を保存する場合に使用する。ただ新規追加だけでなく更新を行う場合は、このadd_option関数とupdate_option関数を使い分けるよりも、update_option関数のみを使用するほうがシンプルである(update_option関数では、指定されたサイトオプションが登録されていない場合このadd_option関数を呼び出して追加してくれるため)。 パラメータ$autoloadは、WordPressのシステムが実行する際にデータベースから自動的に読み込むかどうかを指定するもので、通常(省略時)のサイトオプションの値は自動的に読み込まれる。

使用例

  • 'mytheme_setting'という名前で値10を追加する。
    <?php add_option( 'mytheme_setting', 10 ); ?>
  • 'mytheme_setting'という名前で文字列'mytheme'を自動読み込みしない状態で追加する。
    <?php add_option( 'mytheme_setting', 'mytheme', '', 'no' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2015-08-22 11:29