add_option

(1.0.0以降)
add_option - サイトオプションを追加する

説明

bool add_option( string $option [ , mixed $value = '' [ , mixed $deprecated = '' [ , string $autoload = 'yes' ] ] ] )
サイトオプションを追加する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名を指定。
  • $value
    サイトオプションの値を指定(省略時は'')。
  • $deprecated
    使用不可(省略時は''、次の$autoloadを指定する場合は''を指定すること)。
  • $autoload
    自動読み込みする場合は'yes'、しない場合は'no'を指定(省略時は'yes')。

返り値

$optionで指定した名前で$valueを保存できた場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

テーマやプラグイン独自のオプション情報を保存する場合に使用する。ただ新規追加だけでなく更新を行う場合は、このadd_option関数とupdate_option関数を使い分けるよりも、update_option関数のみを使用するほうがシンプルである(update_option関数では、指定されたサイトオプションが登録されていない場合このadd_option関数を呼び出して追加してくれるため)。 パラメータ$autoloadは、WordPressのシステムが実行する際にデータベースから自動的に読み込むかどうかを指定するもので、通常(省略時)のサイトオプションの値は自動的に読み込まれる。

使用例

  • 'mytheme_setting'という名前で値10を追加する。
    <?php add_option( 'mytheme_setting', 10 ); ?>
  • 'mytheme_setting'という名前で文字列'mytheme'を自動読み込みしない状態で追加する。
    <?php add_option( 'mytheme_setting', 'mytheme', '', 'no' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

最終更新日時 : 2015-08-22 11:29