add_permastruct

(3.0.0以降)
add_permastruct - 投稿タイプのパーマリンク設定を追加する

説明

void add_permastruct( string $name, string $struct [ , mixed $args = array() ] )
投稿タイプのパーマリンク設定を追加する。

パラメータ

  • $name
    投稿タイプ名を指定。
  • $struct
    パーマリンクのURLパターンを指定。
  • $args
    パーマリンク設定の属性を連想配列で指定。
    キーデフォルト値
    'with_front'booltrue
    'ep_mask'intEP_NONE(0)
    'paged'booltrue
    'feed'booltrue
    'forcomments'boolfalse
    'walk_dirs'booltrue
    'endpoints'booltrue

返り値

返り値はありません。

注意

本関数は3.4でパラメータ仕様が変更されている。3.0~3.3までの呼び出し形式は次の通りで、3.4以降の環境において下記の指定で呼び出された場合でも互換性は保たれている。
add_permastruct( string $name, string $struct [ , bool $with_front = true [ , int $ep_mask = EP_NONE ] ] )
パーマリンクのURLパターンは、末尾の'/'が無視される以外に制限はなく、日本語を使用する場合はそのまま(URLエンコードは不要)指定できる。
なお本関数で追加したパーマリンク設定はそのままではシステムに反映されないため、適宜flush_rewrite_rules関数を呼び出すか、管理者ページの「設定」-「パーマリンク設定」を開き、「変更を保存」ボタンをクリックする必要がある。

使用例

  • カスタム投稿タイプ'tool'のパーマリンクに拡張子htmlを設定する。
    <?php add_permastruct( 'tool', 'tool/%tool%.html', array( 'ep_mask'=>EP_PERMALINK ) ); ?>
  • カスタム投稿タイプ'tool'のパーマリンクのディレクトリ名を'tool'から'道具'に変更する。
    <?php add_permastruct( 'tool', '道具/%tool%', array( 'ep_mask'=>EP_PERMALINK ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

お勧めコンテンツ

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2012-09-06 16:21