add_permastruct

(3.0.0以降)
add_permastruct - 投稿タイプのパーマリンク設定を追加する

説明

void add_permastruct( string $name, string $struct [ , mixed $args = array() ] )
投稿タイプのパーマリンク設定を追加する。

パラメータ

  • $name
    投稿タイプ名を指定。
  • $struct
    パーマリンクのURLパターンを指定。
  • $args
    パーマリンク設定の属性を連想配列で指定。
    キーデフォルト値
    'with_front'booltrue
    'ep_mask'intEP_NONE(0)
    'paged'booltrue
    'feed'booltrue
    'forcomments'boolfalse
    'walk_dirs'booltrue
    'endpoints'booltrue

返り値

返り値はありません。

注意

本関数は3.4でパラメータ仕様が変更されている。3.0~3.3までの呼び出し形式は次の通りで、3.4以降の環境において下記の指定で呼び出された場合でも互換性は保たれている。
add_permastruct( string $name, string $struct [ , bool $with_front = true [ , int $ep_mask = EP_NONE ] ] )
パーマリンクのURLパターンは、末尾の'/'が無視される以外に制限はなく、日本語を使用する場合はそのまま(URLエンコードは不要)指定できる。
なお本関数で追加したパーマリンク設定はそのままではシステムに反映されないため、適宜flush_rewrite_rules関数を呼び出すか、管理者ページの「設定」-「パーマリンク設定」を開き、「変更を保存」ボタンをクリックする必要がある。

使用例

  • カスタム投稿タイプ'tool'のパーマリンクに拡張子htmlを設定する。
    <?php add_permastruct( 'tool', 'tool/%tool%.html', array( 'ep_mask'=>EP_PERMALINK ) ); ?>
  • カスタム投稿タイプ'tool'のパーマリンクのディレクトリ名を'tool'から'道具'に変更する。
    <?php add_permastruct( 'tool', '道具/%tool%', array( 'ep_mask'=>EP_PERMALINK ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

お勧めコンテンツ

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2012-09-06 16:21