add_post_type_support

(3.0.0以降)
add_post_type_support - 投稿タイプに特徴を追加する

説明

void add_post_type_support( string $post_type, mixed $feature )
投稿タイプに特徴を追加する。

パラメータ

  • $post_type
    'post'や'page'などの投稿タイプを指定。
  • $feature
    特徴名('title'、'editor'、'comments'、'revisions'、'trackbacks'、'author'、'excerpt'、'page-attributes'、'thumbnail'、'custom-fields')またはその配列の幅を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

主な投稿タイプの特徴は次の通り。
特徴postpageattachmentrevisionnav_menu_item
タイトル(title)
エディタ(editor)
作者名(author)
アイキャッチ画像(thumbnail)
ページ属性(page-attributes)
抜粋(excerpt)
トラックバック送信(trackbacks)
カスタムフィールド(custom-fields)
コメント(comments)
リビジョン(revisions)
フォーマット(post-formats)

使用例

  • 投稿記事に「ページ属性」を追加する。
    <?php add_post_type_support( 'post', 'page-attributes' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2012-04-12 18:36