add_post_type_support

(3.0.0以降)
add_post_type_support - 投稿タイプに特徴を追加する

説明

void add_post_type_support( string $post_type, mixed $feature )
投稿タイプに特徴を追加する。

パラメータ

  • $post_type
    'post'や'page'などの投稿タイプを指定。
  • $feature
    特徴名('title'、'editor'、'comments'、'revisions'、'trackbacks'、'author'、'excerpt'、'page-attributes'、'thumbnail'、'custom-fields')またはその配列の幅を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

主な投稿タイプの特徴は次の通り。
特徴postpageattachmentrevisionnav_menu_item
タイトル(title)
エディタ(editor)
作者名(author)
アイキャッチ画像(thumbnail)
ページ属性(page-attributes)
抜粋(excerpt)
トラックバック送信(trackbacks)
カスタムフィールド(custom-fields)
コメント(comments)
リビジョン(revisions)
フォーマット(post-formats)

使用例

  • 投稿記事に「ページ属性」を追加する。
    <?php add_post_type_support( 'post', 'page-attributes' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2012-04-12 18:36