add_post_type_support

(3.0.0以降)
add_post_type_support - 投稿タイプに特徴を追加する

説明

void add_post_type_support( string $post_type, mixed $feature )
投稿タイプに特徴を追加する。

パラメータ

  • $post_type
    'post'や'page'などの投稿タイプを指定。
  • $feature
    特徴名('title'、'editor'、'comments'、'revisions'、'trackbacks'、'author'、'excerpt'、'page-attributes'、'thumbnail'、'custom-fields')またはその配列の幅を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

主な投稿タイプの特徴は次の通り。
特徴postpageattachmentrevisionnav_menu_item
タイトル(title)
エディタ(editor)
作者名(author)
アイキャッチ画像(thumbnail)
ページ属性(page-attributes)
抜粋(excerpt)
トラックバック送信(trackbacks)
カスタムフィールド(custom-fields)
コメント(comments)
リビジョン(revisions)
フォーマット(post-formats)

使用例

  • 投稿記事に「ページ属性」を追加する。
    <?php add_post_type_support( 'post', 'page-attributes' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

最終更新日時 : 2012-04-12 18:36