add_query_arg

(1.5.0以降)
add_query_arg - クエリーURIを更新する

説明

string add_query_arg( mixed $param1 [ , mixed $param2 [ , mixed $param3 ] ] )
クエリーURIを更新する。

パラメータ

  • $param1
    キー名または更新するキー名と値を含んだ連想配列
  • $param2
    キー名に対応する値またはクエリーURIを指定
  • $param3
    クエリーURIを指定

返り値

更新されたクエリーURIを返す。

注意

パラメータ$param2$param3を省略した場合は、$_SERVER['REQUEST_URI']が更新対象となる。
クエリーURIにキー名のパラメータがある場合は値を更新し、ない場合は追加する。また第1パラメータがキー名で第2パラメータに値としてfalseまたはnullを指定した場合は、そのパラメータ(キー=値)がクエリーURIから削除される。

使用例

  • $_SERVER['REQUEST_URI']に's=keyword'を追加(更新)する(1)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( 's', 'keyword' ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']に's=keyword'を追加(更新)する(2)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( 's', 'keyword', $_SERVER['REQUEST_URI'] ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']に's=keyword&paged=2'を追加(更新)する(1)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( array( 's'=>'keyword', 'paged'=>2 ) ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']に's=keyword&paged=2'を追加(更新)する(2)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( array( 's'=>'keyword', 'paged'=>2 ), $_SERVER['REQUEST_URI'] ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'のパラメータを削除する(1)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( 's' ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'のパラメータを削除する(2)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( 's', false ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'のパラメータを削除する(3)。
    <?php $new_uri = add_query_arg( 's', false, $_SERVER['REQUEST_URI'] ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2013-01-22 17:55