add_rewrite_rule

(2.1.0以降)
add_rewrite_rule - リライトルールを追加する

説明

void add_rewrite_rule( string $regex, string $redirect [ , string $after = 'bottom' ] )
リライトルールを追加する(リライトルール追加用のデータを登録する)。

パラメータ

  • $regex
    ルールを適用するパターンを指定。
  • $redirect
    ルールにマッチした場合に書き換えるパターンを指定。
  • $after
    ルールを追加する場所として'top'または'bottom'を指定(省略時は'bottom')。

返り値

返り値はありません。

注意

本関数はテーマ(主にfunctions.php)やプラグインで使用可能だが、各phpファイルのロード時はグローバル変数wp_rewriteが存在しないため呼び出すことはできず(呼び出すとエラーになる)、initアクションなどを利用しなければならない。
パラメータ$regexにはリクエストURLからサイトアドレス部分を取り除いた正規表現パターンを指定する。$regex内のグループ化演算子は、パラメータ$redirect内の後方参照パターン($matches[n]のこと。[]内のnは1以上の数)に適用される。

実際にルールを適用されるためには、管理者のパーマリンク設定ページで「変更を保存」ボタンを押す(flush_rewrite_rules関数を呼び出す)。追加したリライトルールを削除したい場合は、そのルールを追加したadd_rewrite_rule関数の記述を削除し、管理者のパーマリンク設定ページで「変更を保存」ボタンを押すこと。

使用例

  • リライトルールを追加する。
    <?php
    function custom_rewrite_rules() {
    	add_rewrite_rule( '^topic\-([0-9]+)?', 'index.php?p=$matches[1]', 'top' );
    }
    add_action( 'init', 'custom_rewrite_rules' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39