add_shortcode

(2.5.0以降)
add_shortcode - ショートコード(独自タグ)を追加する

説明

void add_shortcode( string $tag, mixed $func )
ショートコード(独自タグ)を追加する。ショートコードは、投稿記事内でテキスト内容がない[tag]や、テキストを内包する[tag]テキスト[/tag]の書式で使用できる独自タグのこと。標準の状態では、the_content関数によって表示する直前のフィルター処理内でパラメータ$funcで指定した関数・メソッドが実行される。

パラメータ

  • $tag
    タグ名。
  • $func
    関数名またはメソッドを配列(例:array( $this, 'name' ))で指定。

返り値

返り値はありません。

注意

登録の際パラメータ$funcが有効かどうかを調べるが、無効な場合でもエラーは返らない。また、すでにパラメータ$tagで指定されたショートコードが登録されている場合は上書きされる。
なおパラメータ$funcで指定した関数・メソッドでは、独自処理(テキスト加工)した文字列を返すこと(echoやprint関数を使って表示してはいけない)。

使用例

  • [func_link]というショートコードを追加する。
    <?php
    add_shortcode( 'func_link', 'tag_func_link' );
    function tag_func_link( $atts, $content='' ) {
    	extract( shortcode_atts( array(
    		'target' => '_self',
    		), $atts ) );
    	return '<a href="/function/'.$content.'.html" target="'.
    		attribtue_escape( $target ).'">'.$content.'</a>';
    }
    ?>
  • クラスを使用して[var_link]というショートコードを追加する。
    <?php
    class my_shortcode {
    	function my_shortcode() {
    		add_shortcode( 'var_link', array( $this, 'tag_var_link') );
    	}
    	function tag_var_link( $atts, $content='' ) {
    		return '<a href="/var/'.$content.'.html">$'.
    			$content.'</a>';
    	}
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2013-08-08 15:33