add_submenu_page

add_submenu_page - サブメニューを登録する

説明

mixed add_submenu_page( string $parent_slug, string $page_title, string $menu_title, mixed string $capability, string $menu_slug [ , mixed $function = '' ] )
サブメニューを登録する。

パラメータ

  • $parent_slug
    親メニューのスラッグ。
  • $page_title
    サブメニューページのタイトル。
  • $menu_title
    プルダウンに表示されるメニュー名。
  • $capability
    サブメニューの権限(レベル数または権限名)。
  • $menu_slug
    サブメニューのスラッグ。
  • $function
    サブメニューページのコールバック関数。

返り値

サブメニューが登録できた場合はフック名を返す。ログインしているユーザーが指定された権限を所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$parent_slugは親メニューのスラッグで、add_menu_page関数で登録できるプラグインやテーマの専用メニューの場合には__FILE__が利用されることが多い。 パラメータ$capabilityは、サブメニューを使用できるレベルまたは権限を指定できる(「LevelとCapability」を参照)。 パラメータ$menu_slugにはサイト内でユニークなサブメニューのスラッグを指定する(このスラッグは、サブメニューページのURLのパラメータとなる)。
http://ドメイン/wp-admin/admin.php?page=[$menu_slugの値]

使用例

  • プライベートのmytheme_propertiesメニューにmytheme_settingサブメニューを登録する。
    <?php add_submenu_page( 'mytheme_properties', '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', 'mytheme_setting', 'mytheme_setting' ); ?>
  • プライベートのmytheme_propertiesメニューにmytheme_settingサブメニューを登録する(コールバック関数がメソッドの場合)。
    <?php add_submenu_page( 'mytheme_properties', '基本設定', '基本設定', 'edit_themes', 'mytheme_setting', array( &$this, 'mytheme_setting' ) ); ?>
  • カスタム投稿タイプ'tools'のメニューにadvanced_settingサブメニューを登録する(コールバック関数がメソッドの場合)。
    <?php add_submenu_page( 'edit.php?post_type=tools', 'ツールの拡張設定', '拡張設定', 'edit_themes', 'advanced_setting', array( &$this, 'advanced_setting' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-admin/includes/plugin.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2014-12-26 16:00