add_term_meta

(4.4.0以降)
add_term_meta - タームのメタ情報を追加する

説明

mixed add_term_meta( int $term_id, string $meta_key, mixed $meta_value [ , bool $unique = false ] )
タームのメタ情報を追加する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $meta_key
    メタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    メタ情報の値を指定。
  • $unique
    メタ情報が存在しない場合のみ登録する場合はtrueを、常に追加する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

メタ情報の値を追加した場合はメタ情報IDを、追加できなかった場合はfalseかWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

WordPressのDBバージョン番号が34370(WordPress 4.4.0は35700)より小さい場合は必ずfalseとなる。

同じキー名の値を登録したくない場合はパラメータ$uniqueがtrueにするか、update_term_meta関数を使用する。

使用例

  • タームのメタ情報を追加する。
    <?php add_term_meta( $term_id, 'image', $meta_value ); ?>
  • タームのメタ情報が存在しない場合のみ追加する。
    <?php add_term_meta( $term_id, 'image', $meta_value, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2016-02-23 15:29