add_theme_support

(2.9.0以降)
add_theme_support - テーマの機能を設定する

説明

void add_theme_support( string $feature [ , mixed $params = true ] )
テーマの機能を設定する。

パラメータ

  • $feature
    機能名。'post-thumbnails'、'automatic-feed-links'、'post-formats'など。
  • $params
    機能のパラメータを指定(省略時は、true)。

返り値

返り値はありません。

注意

自テーマのfunctions.phpにてadd_action関数を利用し、各種設定を行う関数内(Twenty Tenテーマではtwentyten_setup関数)で使用する。
add_action( 'after_setup_theme', 'twentyten_setup' );
なお3.0で追加されたナビゲーションメニューを追加する場合は、この関数ではなく、register_nav_menus関数を使用する。

使用例

  • 投稿編集ページに「アイキャッチ画像」を追加する。
    <?php add_theme_support( 'post-thumbnails' ); ?>
  • 投稿ページに「フォーマット」を追加する。
    <?php add_theme_support( 'post-formats', array( 'aside', 'link', 'gallery', 'status', 'quote', 'image' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2015-12-14 17:39