adjacent_image_link

(2.5.0以降)
adjacent_image_link - 前または次の添付画像のリンクを表示する

説明

void adjacent_image_link( [ bool $prev = true [ , string $size = 'thumbnail' [ , string $text = false ] ] ] )
前または次の添付画像のリンクを表示する。

パラメータ

  • $prev
    前の添付画像の場合はtrue、次の添付画像の場合はfalseを指定(省略時はtrue)
  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

返り値はありません。

注意

previous_image_linkおよびnext_image_link関数の実態。

使用例

  • 前の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link(); ?>
  • 次の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link( false ); ?>

フィルター

パラメータ$prevがtrueの場合、表示直前に'previous_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "previous_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );
パラメータ$prevがfalseの場合、表示直前に'next_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "next_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2013-01-05 09:56