adjacent_image_link

(2.5.0以降)
adjacent_image_link - 前または次の添付画像のリンクを表示する

説明

void adjacent_image_link( [ bool $prev = true [ , string $size = 'thumbnail' [ , string $text = false ] ] ] )
前または次の添付画像のリンクを表示する。

パラメータ

  • $prev
    前の添付画像の場合はtrue、次の添付画像の場合はfalseを指定(省略時はtrue)
  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

返り値はありません。

注意

previous_image_linkおよびnext_image_link関数の実態。

使用例

  • 前の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link(); ?>
  • 次の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link( false ); ?>

フィルター

パラメータ$prevがtrueの場合、表示直前に'previous_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "previous_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );
パラメータ$prevがfalseの場合、表示直前に'next_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "next_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2013-01-05 09:56