adjacent_image_link

(2.5.0以降)
adjacent_image_link - 前または次の添付画像のリンクを表示する

説明

void adjacent_image_link( [ bool $prev = true [ , string $size = 'thumbnail' [ , string $text = false ] ] ] )
前または次の添付画像のリンクを表示する。

パラメータ

  • $prev
    前の添付画像の場合はtrue、次の添付画像の場合はfalseを指定(省略時はtrue)
  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

返り値はありません。

注意

previous_image_linkおよびnext_image_link関数の実態。

使用例

  • 前の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link(); ?>
  • 次の添付画像のリンクを表示する。
    <?php adjacent_image_link( false ); ?>

フィルター

パラメータ$prevがtrueの場合、表示直前に'previous_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "previous_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );
パラメータ$prevがfalseの場合、表示直前に'next_image_link'フィルターを呼び出す。$outputには出力予定のHTMLテキストが、$attachment_idには添付画像の投稿IDが格納される。
echo apply_filters( "next_image_link", $output, $attachment_id, $size, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

最終更新日時 : 2013-01-05 09:56