attachment_url_to_postid

(4.0.0以降)
attachment_url_to_postid - 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する

説明

int attachment_url_to_postid( string $url )
添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $url
    添付ファイルのURLを指定。

返り値

添付ファイルの投稿IDを返す。該当する投稿が見つからなかった場合は明示的には何も返さない(nullを返す)。

注意

本関数はパラメータ$urlに指定された添付ファイルのURLからそのメディア投稿の投稿IDを取得するもので、wp_get_attachment_url関数の真逆の機能である。メディア投稿のカスタムフィールド'_wp_attached_file'には添付ファイルのアップロードディレクトリからの相対パス名が保存されており、本関数の内部ではその相対パス名から投稿IDを取得している。

使用例

  • 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。
    <?php $post_id = attachment_url_to_postid( string $url ); ?>

フィルター

[4.2.0]投稿IDを返す直前に'attachment_url_to_postid'フィルターを呼び出す。パラメータ$post_idにはメディアの投稿IDが、$urlには本関数が受け取った内容が格納されている。
return (int) apply_filters( 'attachment_url_to_postid', $post_id, $url );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2017-08-04 17:10