attachment_url_to_postid

(4.0.0以降)
attachment_url_to_postid - 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する

説明

int attachment_url_to_postid( string $url )
添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $url
    添付ファイルのURLを指定。

返り値

添付ファイルの投稿IDを返す。該当する投稿が見つからなかった場合は明示的には何も返さない(nullを返す)。

注意

本関数はパラメータ$urlに指定された添付ファイルのURLからそのメディア投稿の投稿IDを取得するもので、wp_get_attachment_url関数の真逆の機能である。メディア投稿のカスタムフィールド'_wp_attached_file'には添付ファイルのアップロードディレクトリからの相対パス名が保存されており、本関数の内部ではその相対パス名から投稿IDを取得している。

使用例

  • 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。
    <?php $post_id = attachment_url_to_postid( string $url ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2014-09-07 23:47