attachment_url_to_postid

(4.0.0以降)
attachment_url_to_postid - 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する

説明

int attachment_url_to_postid( string $url )
添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $url
    添付ファイルのURLを指定。

返り値

添付ファイルの投稿IDを返す。該当する投稿が見つからなかった場合は明示的には何も返さない(nullを返す)。

注意

本関数はパラメータ$urlに指定された添付ファイルのURLからそのメディア投稿の投稿IDを取得するもので、wp_get_attachment_url関数の真逆の機能である。メディア投稿のカスタムフィールド'_wp_attached_file'には添付ファイルのアップロードディレクトリからの相対パス名が保存されており、本関数の内部ではその相対パス名から投稿IDを取得している。

使用例

  • 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。
    <?php $post_id = attachment_url_to_postid( string $url ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

最終更新日時 : 2014-09-07 23:47