attachment_url_to_postid

(4.0.0以降)
attachment_url_to_postid - 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する

説明

int attachment_url_to_postid( string $url )
添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。

パラメータ

  • $url
    添付ファイルのURLを指定。

返り値

添付ファイルの投稿IDを返す。該当する投稿が見つからなかった場合は明示的には何も返さない(nullを返す)。

注意

本関数はパラメータ$urlに指定された添付ファイルのURLからそのメディア投稿の投稿IDを取得するもので、wp_get_attachment_url関数の真逆の機能である。メディア投稿のカスタムフィールド'_wp_attached_file'には添付ファイルのアップロードディレクトリからの相対パス名が保存されており、本関数の内部ではその相対パス名から投稿IDを取得している。

使用例

  • 添付ファイルのURLから投稿IDを取得する。
    <?php $post_id = attachment_url_to_postid( string $url ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2014-09-07 23:47