balanceTags

(0.71以降)
balanceTags - タグの付け忘れを調整する

説明

string balanceTags( string $text [ , bool $force = false ] )
タグの付け忘れを調整する。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。
  • $force
    強制的にタグの付け忘れを調整する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$forceがtrueかオプション'use_balanceTags'の値が1の場合はパラメータ$textについて強制的にタグの付け忘れを調整した文字列を、それ以外の場合は$textの内容をそのまま返す。

注意

本関数は「投稿設定」の「整形」-「不正にネスト化した XHTML を自動的に修正する」の機能そのもの。投稿本文、投稿抜粋、コメント本文について保存(更新)する際にフィルター関数として呼び出される。

なお、実際にタグの付け忘れを調整するのはforce_balance_tags関数である。

使用例

  • 変数$valを調べ、強制的にタグの付け忘れを調整する。
    <?php $val = balanceTags( $val, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

最終更新日時 : 2014-02-13 17:21