balanceTags

(0.71以降)
balanceTags - タグの付け忘れを調整する

説明

string balanceTags( string $text [ , bool $force = false ] )
タグの付け忘れを調整する。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。
  • $force
    強制的にタグの付け忘れを調整する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$forceがtrueかオプション'use_balanceTags'の値が1の場合はパラメータ$textについて強制的にタグの付け忘れを調整した文字列を、それ以外の場合は$textの内容をそのまま返す。

注意

本関数は「投稿設定」の「整形」-「不正にネスト化した XHTML を自動的に修正する」の機能そのもの。投稿本文、投稿抜粋、コメント本文について保存(更新)する際にフィルター関数として呼び出される。

なお、実際にタグの付け忘れを調整するのはforce_balance_tags関数である。

使用例

  • 変数$valを調べ、強制的にタグの付け忘れを調整する。
    <?php $val = balanceTags( $val, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2014-02-13 17:21