balanceTags

(0.71以降)
balanceTags - タグの付け忘れを調整する

説明

string balanceTags( string $text [ , bool $force = false ] )
タグの付け忘れを調整する。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。
  • $force
    強制的にタグの付け忘れを調整する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$forceがtrueかオプション'use_balanceTags'の値が1の場合はパラメータ$textについて強制的にタグの付け忘れを調整した文字列を、それ以外の場合は$textの内容をそのまま返す。

注意

本関数は「投稿設定」の「整形」-「不正にネスト化した XHTML を自動的に修正する」の機能そのもの。投稿本文、投稿抜粋、コメント本文について保存(更新)する際にフィルター関数として呼び出される。

なお、実際にタグの付け忘れを調整するのはforce_balance_tags関数である。

使用例

  • 変数$valを調べ、強制的にタグの付け忘れを調整する。
    <?php $val = balanceTags( $val, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

最終更新日時 : 2014-02-13 17:21