before_last_bar

(2.8.0以降)
before_last_bar - 最後の'|'の前までの文字列を取得する

説明

string before_last_bar( string $string )
最後の'|'の前までの文字列を取得する。

パラメータ

  • $string
    文字列を指定。

返り値

パラメータ$stringに'|'が含まれている場合は先頭から最後の'|'の前までの文字列を、含まれていない場合はそのままを返す。

注意

パラメータ$stringに複数の'|'が含まれている場合、最後の'|'の前までの文字列を返す。具体的には次の通りとなる。
パラメータ$stringの内容返り値の内容
apple banana cherryapple banana cherry
apple|banana cherryapple
apple|banana|cherryapple|banana

使用例

  • 変数$nameの'|'前の文字列を取得する。
    <?php $name = before_last_bar( $name ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • translate_user_role - ロール(権限グループ)名の翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2014-11-29 16:31