bloginfo_rss

(0.71以降)
bloginfo_rss - フィード向けのブログ情報を出力する

説明

void bloginfo_rss( [ string $show = '' ] )
フィード向けのブログ情報を出力する。

パラメータ

  • $show
    ブログ情報名('name'、'url'、'description'など)を指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

内部ではサイトタイトルをget_bloginfo_rss関数(その内部ではget_bloginfo関数を呼び出している)によって取得しており、パラメータ$showの内容はそれらと共通である($showを省略した場合、内部では'name'と同じ扱いとなる)。

フィードのタイトル部分は、本関数を呼び出した後にwp_title_rss()を呼び出しており、フィードのタイトルを変更する場合はそちらも参照すること。

使用例

  • フィード向けのブログ名を出力する。
    <?php bloginfo_rss( 'name' ); ?>
  • フィード向けのURLを出力する。
    <?php wp_title_rss( 'url' ); ?>

フィルター

サイトタイトルを出力する直前に'bloginfo_rss'フィルターを呼び出す。パラメータ$textには本関数のパラメータ$showに対応したブログ情報の内容が、$showには本関数が受け取った値となる。
echo echo apply_filters( 'bloginfo_rss', $text, $show );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

関連

  • bloginfo - サイト情報を表示する
  • get_bloginfo - サイト情報を取得する
  • wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを出力する

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2014-04-01 11:20