bloginfo_rss

(0.71以降)
bloginfo_rss - フィード向けのブログ情報を出力する

説明

void bloginfo_rss( [ string $show = '' ] )
フィード向けのブログ情報を出力する。

パラメータ

  • $show
    ブログ情報名('name'、'url'、'description'など)を指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

内部ではサイトタイトルをget_bloginfo_rss関数(その内部ではget_bloginfo関数を呼び出している)によって取得しており、パラメータ$showの内容はそれらと共通である($showを省略した場合、内部では'name'と同じ扱いとなる)。

フィードのタイトル部分は、本関数を呼び出した後にwp_title_rss()を呼び出しており、フィードのタイトルを変更する場合はそちらも参照すること。

使用例

  • フィード向けのブログ名を出力する。
    <?php bloginfo_rss( 'name' ); ?>
  • フィード向けのURLを出力する。
    <?php wp_title_rss( 'url' ); ?>

フィルター

サイトタイトルを出力する直前に'bloginfo_rss'フィルターを呼び出す。パラメータ$textには本関数のパラメータ$showに対応したブログ情報の内容が、$showには本関数が受け取った値となる。
echo echo apply_filters( 'bloginfo_rss', $text, $show );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

関連

  • bloginfo - サイト情報を表示する
  • get_bloginfo - サイト情報を取得する
  • wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを出力する

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2014-04-01 11:20