cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを表示する

説明

void cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用で、通常は非表示になっており、コメントの「返信」リンクをクリックした場合に(×印が)表示される。

パラメータ$textが省略された場合は'Click here to cancel reply.'の翻訳テキストが適用され、任意のテキストを指定できる。ただし、その場合はこのリンク部分のスタイル('.comment-reply-title small a'要素)が幅・高さとも24pxになっているので、スタイルを変更する必要がある。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:27