cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを表示する

説明

void cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用で、通常は非表示になっており、コメントの「返信」リンクをクリックした場合に(×印が)表示される。

パラメータ$textが省略された場合は'Click here to cancel reply.'の翻訳テキストが適用され、任意のテキストを指定できる。ただし、その場合はこのリンク部分のスタイル('.comment-reply-title small a'要素)が幅・高さとも24pxになっているので、スタイルを変更する必要がある。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:27