cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを表示する

説明

void cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用で、通常は非表示になっており、コメントの「返信」リンクをクリックした場合に(×印が)表示される。

パラメータ$textが省略された場合は'Click here to cancel reply.'の翻訳テキストが適用され、任意のテキストを指定できる。ただし、その場合はこのリンク部分のスタイル('.comment-reply-title small a'要素)が幅・高さとも24pxになっているので、スタイルを変更する必要がある。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを表示する。
    <?php cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:27