cat_is_ancestor_of

(2.1.0以降)
cat_is_ancestor_of - カテゴリが子孫関係か調べる

説明

bool cat_is_ancestor_of( mixed $cat1, mixed $cat2 )
カテゴリが子孫関係か調べる。

パラメータ

  • $cat1
    親カテゴリのオブジェクトかIDを指定。
  • $cat2
    子孫カテゴリのオブジェクトかIDを指定。

返り値

パラメータ$cat2$cat1の子孫カテゴリの場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

パラメータ$cat1$cat2がIDの場合はget_category関数にてカテゴリー情報(オブジェクト)を取得する。 子孫関係を確認するため、$cat2が子カテゴリの場合は、このcat_is_ancestor_of関数を再帰的に呼び出して調べる。

使用例

  • $cat1$cat2の子孫カテゴリか調べる。
    <?php if ( cat_is_ancestor_of( $cat1, $cat2 ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2011-11-15 17:23