check_admin_referer

(1.2.0以降)
check_admin_referer - nonce用フォームパラメータを検証する

説明

bool check_admin_referer( [ mixed $action = -1 [ , string $query_arg = '_wpnonce' ] ] )
nonce用フォームパラメータを検証する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $query_arg
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時は'_wpnonce')。

返り値

チェックの結果、パラメータが有効な場合はtrueを、無効な場合はfalseを返す。ただしパラメータ$actionが-1以外か、リファラーURLがダッシュボードURL以外の場合は、チェック結果がfalseの時点で所定のメッセージを表示してリクエスト処理が終了(die)となる。

注意

検証対象のnonce用フォームパラメータはwp_nonce_field関数を使用して埋め込む。パラメータ$actionは互換性のために省略可になっているが、-1を指定することは3.2で不適切となった。

使用例

  • nonce用フォームパラメータを検証する。
    <?php check_admin_referer( 'my-plugin' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

[1.5.1]検証結果を返す直前に'check_admin_referer'アクションを呼び出す。パラメータ$actionには本関数が受け取った値が、$resultには検証結果となる。
do_action( 'check_admin_referer', $action, $result );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2014-07-19 12:37