check_ajax_referer

(2.0.3以降)
check_ajax_referer - AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する

説明

bool check_ajax_referer( [ mixed $action = -1 [ , string $query_arg = false [ , bool $die = true ] ] ] )
AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $query_arg
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時はfalse)。
  • $die
    nonceパラメータの検証結果が無効な場合に強制終了する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

チェックの結果、パラメータが有効な場合はtrueを、無効な場合はfalseを返す。ただしパラメータ$dieがtrueでチェック結果がfalseの場合は、リクエスト処理が終了(die)となる。

注意

check_admin_referer関数は、フォームサブミット時のnonceパラメータを検証に用いるが、本関数はAJAXリクエスト時のパラメータを検証する場合に用いる。nonceパラメータ名は、パラメータ$query_argの値、'_ajax_nonce'、'_wpnonce'の順にその有無が確認され、先に見つかったものがnonceパラメータとなる。

なおnonceパラメータの無効時に独自の処理を行う場合は、パラメータ$dieにfalseを指定する。

使用例

  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する。
    <?php check_ajax_referer( 'my-action' ); ?>
  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータ名'my-ajax-nonce'の値を検証する。
    <?php check_ajax_referer( 'my-action', 'my-ajax-nonce' ); ?>
  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証し、検証結果を調べる。
    <?php if ( check_ajax_referer( 'my-action', false, false ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

[2.1.0]検証結果を返す直前に'check_ajax_referer'アクションを呼び出す。パラメータ$actionには本関数が受け取った値が、$resultには検証結果となる。
do_action( 'check_ajax_referer', $action, $result );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2014-07-19 12:37