check_ajax_referer

(2.0.3以降)
check_ajax_referer - AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する

説明

bool check_ajax_referer( [ mixed $action = -1 [ , string $query_arg = false [ , bool $die = true ] ] ] )
AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $query_arg
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時はfalse)。
  • $die
    nonceパラメータの検証結果が無効な場合に強制終了する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

チェックの結果、パラメータが有効な場合はtrueを、無効な場合はfalseを返す。ただしパラメータ$dieがtrueでチェック結果がfalseの場合は、リクエスト処理が終了(die)となる。

注意

check_admin_referer関数は、フォームサブミット時のnonceパラメータを検証に用いるが、本関数はAJAXリクエスト時のパラメータを検証する場合に用いる。nonceパラメータ名は、パラメータ$query_argの値、'_ajax_nonce'、'_wpnonce'の順にその有無が確認され、先に見つかったものがnonceパラメータとなる。

なおnonceパラメータの無効時に独自の処理を行う場合は、パラメータ$dieにfalseを指定する。

使用例

  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する。
    <?php check_ajax_referer( 'my-action' ); ?>
  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータ名'my-ajax-nonce'の値を検証する。
    <?php check_ajax_referer( 'my-action', 'my-ajax-nonce' ); ?>
  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証し、検証結果を調べる。
    <?php if ( check_ajax_referer( 'my-action', false, false ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

[2.1.0]検証結果を返す直前に'check_ajax_referer'アクションを呼び出す。パラメータ$actionには本関数が受け取った値が、$resultには検証結果となる。
do_action( 'check_ajax_referer', $action, $result );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-07-19 12:37