check_ajax_referer

(2.0.3以降)
check_ajax_referer - AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する

説明

bool check_ajax_referer( [ mixed $action = -1 [ , string $query_arg = false [ , bool $die = true ] ] ] )
AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $query_arg
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時はfalse)。
  • $die
    nonceパラメータの検証結果が無効な場合に強制終了する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

チェックの結果、パラメータが有効な場合はtrueを、無効な場合はfalseを返す。ただしパラメータ$dieがtrueでチェック結果がfalseの場合は、リクエスト処理が終了(die)となる。

注意

check_admin_referer関数は、フォームサブミット時のnonceパラメータを検証に用いるが、本関数はAJAXリクエスト時のパラメータを検証する場合に用いる。nonceパラメータ名は、パラメータ$query_argの値、'_ajax_nonce'、'_wpnonce'の順にその有無が確認され、先に見つかったものがnonceパラメータとなる。

なおnonceパラメータの無効時に独自の処理を行う場合は、パラメータ$dieにfalseを指定する。

使用例

  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証する。
    <?php check_ajax_referer( 'my-action' ); ?>
  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータ名'my-ajax-nonce'の値を検証する。
    <?php check_ajax_referer( 'my-action', 'my-ajax-nonce' ); ?>
  • AJAXリクエスト時にnonceパラメータを検証し、検証結果を調べる。
    <?php if ( check_ajax_referer( 'my-action', false, false ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

[2.1.0]検証結果を返す直前に'check_ajax_referer'アクションを呼び出す。パラメータ$actionには本関数が受け取った値が、$resultには検証結果となる。
do_action( 'check_ajax_referer', $action, $result );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php.php

関連

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

最終更新日時 : 2014-07-19 12:37