checked

(1.0.0以降)
checked - checked属性を表示する

説明

string checked( mixed $checked [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのchecked属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $checked
    checked属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$checkedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    checked属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$checkedがパラメータ$currentと一致する場合は" checked='checked'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるchecked属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['car']が1の場合、チェックボックスにchecked属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php checked( $_GET['car'], 1 ); ?> value="1" />

関連

  • disabled - disabled属性を表示する
  • readonly - readonly属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

最終更新日時 : 2017-11-16 14:15