checked

(1.0.0以降)
checked - checked属性を表示する

説明

string checked( mixed $checked [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのchecked属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $checked
    checked属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$checkedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    checked属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$checkedがパラメータ$currentと一致する場合は" checked='checked'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるchecked属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['car']が1の場合、チェックボックスにchecked属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php checked( $_GET['car'], 1 ); ?> value="1" />

関連

  • disabled - disabled属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:34