checked

(1.0.0以降)
checked - checked属性を表示する

説明

string checked( mixed $checked [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのchecked属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $checked
    checked属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$checkedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    checked属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$checkedがパラメータ$currentと一致する場合は" checked='checked'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるchecked属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['car']が1の場合、チェックボックスにchecked属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php checked( $_GET['car'], 1 ); ?> value="1" />

関連

  • disabled - disabled属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:34