checked

(1.0.0以降)
checked - checked属性を表示する

説明

string checked( mixed $checked [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのchecked属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $checked
    checked属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$checkedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    checked属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$checkedがパラメータ$currentと一致する場合は" checked='checked'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるchecked属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['car']が1の場合、チェックボックスにchecked属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php checked( $_GET['car'], 1 ); ?> value="1" />

関連

  • disabled - disabled属性を表示する
  • readonly - readonly属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

最終更新日時 : 2017-11-16 14:15