clean_taxonomy_cache

(4.9.0以降)
clean_taxonomy_cache - 指定したタクソノミー関連のキャッシュをクリアする

説明

void clean_taxonomy_cache( string $taxonomy )
指定したタクソノミー関連のキャッシュをクリアする。

パラメータ

  • $taxonomy
    タクソノミー名(スラッグ)を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

ターム情報のキャッシュをクリアするclean_term_cache関数から呼び出されている。

使用例

  • 'category'関連のキャッシュをクリアする。
    <?php clean_taxonomy_cache( 'category' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[4.9.0]キャッシュをクリアした後に'clean_taxonomy_cache'アクションを呼び出す。パラメータ$taxonomyは本関数が受け取った内容が格納されている。
do_action( 'clean_taxonomy_cache', $taxonomy );

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

最終更新日時 : 2017-12-04 09:39