comment_form

(3.0.0以降)
comment_form - コメント投稿フォームを表示する

説明

void comment_form( [ array $args = array() [ , mixed $post_id = null ] ] )
コメント投稿フォームを表示する。

パラメータ

  • $args
    オプションパラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の内容は次の通り。
    キー名意味
    'fields'コメント投稿者情報の入力フィールド(HTML)を連想配列(通常はキーが'author'、'email'、'url')。
    'comment_field'コメント内容の入力フィールド(HTML)。
    'must_log_in'ログイン済みユーザーのみコメントが許諾されている場合の未ログイン時に表示されるメッセージ。
    'logged_in_as'ログイン済みユーザーの場合に投稿者情報フィールドの代わりに表示されるメッセージ。
    'comment_notes_before'コメント内容の入力フィールドの直前に表示されるメッセージ。
    'comment_notes_after'コメント内容の入力フィールドの直後に表示されるメッセージ。
    'id_form'formタグのid要素の値(省略時は'commentform')。
    'title_reply'コメントタイトル1(省略時は'Leave a Reply'の翻訳テキスト)。
    'title_reply_to'コメントタイトル2(省略時は'Leave a Reply to %s'の翻訳テキスト)。
    'cancel_reply_link'コメントキャンセル時のテキスト(省略時は'Cancel reply'の翻訳テキスト)。
    'id_submit'送信ボタンのid要素の値(省略時は'submit')。
    'name_submit'送信ボタンのname要素の値(省略時は'submit')。
    'label_submit'送信ボタンのラベル(省略時は'Post Comment'の翻訳テキスト)。
    'format'HTMLフォーマットとして'html5'または'xhtml'(省略時はテーマに依存)。
  • $post_id
    コメント対象の投稿IDまたは投稿情報(WP_postオブジェクト)を指定(省略時はnull)。

返り値

返り値はありません。

注意

ディスカッション設定の「名前とメールアドレスの入力を必須にする(オプション名'require_name_email)」のチェック状態など、各種設定内容が反映される。

使用例

  • 現在の投稿情報のコメント投稿フォームを表示する。
    <?php comment_form(); ?>
  • 現在の投稿情報のコメント投稿フォームを表示する。
    <?php comment_form( array() ); ?>
  • 投稿ID$post_idを指定してコメント投稿フォームを表示する。
    <?php comment_form( array(), $post_id ); ?>

フィルター

[3.0.0]formatオプションの確認後、'comment_form_default_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$fieldsにはデフォルトのコメント投稿者情報入力フィールドの連想配列となる。
$fields = apply_filters( 'comment_form_default_fields', $fields );
[3.0.0]'comment_form_default_fields'フィルターの後、'comment_form_defaults'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultsにはデフォルトのオプション設定の連想配列となる。
$args = wp_parse_args( $args, apply_filters( 'comment_form_defaults', $defaults ) );
[3.0.0]ログイン済みメッセージを表示する前に'comment_form_logged_in'フィルターを呼び出す。パラメータ$logged_in_asにはログイン済みユーザーの場合に投稿者情報フィールドの代わりに表示されるメッセージ、$commenterにはコメント投稿者情報、$user_identityにはログイン済みユーザー名となる。
echo apply_filters( 'comment_form_logged_in', $logged_in_as, $commenter, $user_identity );
[3.0.0]各コメント投稿者情報入力フィールドを表示する直前に"comment_form_field_{$name}"フィルターを呼び出す($nameは'author'、'email'、'url'など)。パラメータ$fieldは各入力フィールドのHTMLとなる。
echo apply_filters( "comment_form_field_{$name}", $field ) . "\n";
[3.0.0]コメント内容入力フィールドを表示する直前、'comment_form_field_comment'フィルターを呼び出す。パラメータ$comment_fieldはコメント内容入力フィールドとなる。
echo apply_filters( 'comment_form_field_comment', $comment_field );

アクション

[3.0.0]タイトルを含むコメントフォームを表示する前に'comment_form_before'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_before' );
[3.0.0]ログイン済みメッセージの表示後に'comment_form_must_log_in_after'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_must_log_in_after' );
[3.0.0]form開始タグの表示直後に'comment_form_top'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_top' );
[3.0.0]ログイン済みメッセージの表示直後に'comment_form_logged_in_after'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_logged_in_after', $commenter, $user_identity );
[3.0.0]コメント投稿者情報入力フィールドを表示する直前に'comment_form_before_fields'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_before_fields' );
[3.0.0]コメント投稿者情報入力フィールドの表示直後に'comment_form_after_fields'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_after_fields' );
[3.0.0]form終了タグを表示する直前に'comment_form'アクションを呼び出す。パラメータ$post_idは投稿IDとなる。
do_action( 'comment_form', $post_id );
[3.0.0]コメントフォームの表示後に'comment_form_after'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_after' );
[3.0.0]コメント投稿が許可されていない場合に'comment_form_comments_closed'アクションを呼び出す。
do_action( 'comment_form_comments_closed' );

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2014-10-05 18:12