comment_form_title

説明

void comment_form_title( [ mixed $noreplytext = false [ , mixed $replytext = false [ , bool $linktoparent = true ] ] ] )
コメント投稿フォームのタイトルを表示する。

パラメータ

  • $noreplytext
    トップレベルコメント時のタイトルを指定(省略時はfalse)。
  • $replytext
    リプライコメント時のタイトルパターン('%s'を含む)を指定(省略時はfalse)。
  • $linktoparent
    リプライコメントのリンクを表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトルを表示するもの。パラメータ$noreplytextがfalseの場合は'Leave a Reply'の翻訳テキストが、$replytextがfalseの場合は'Leave a Reply to %s'の翻訳テキストが適用される。なお$replytextに'%s'を含んでいないと、リプライコメントのリンク(またはその投稿者名)は表示されない。

コメントリプライのリンク(またはその投稿者名)を表示する場合はグローバル変数$commentが更新される。


使用例

  • コメント投稿フォームのタイトルを表示する。
    <?php comment_form_title(); ?>
  • コメント投稿フォームのタイトルを指定して表示する。
    <?php comment_form_title( $noreplytext, $replytext ); ?>
  • リプライコメントのリンクを表示せずにコメント投稿フォームのタイトルを表示する。
    <?php comment_form_title( $noreplytext, $replytext, false ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

最終更新 : 2014年10月06日 14:24



お勧め

ログアウト後はいつもサイトトップ(2018年5月27日 更新)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

LevelとCapability(2018年5月27日 更新)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

個人データのエクスポートメール向けに追加された新フィルター(2020年4月2日 更新)

先週「WordPress 5.4 RC3」が公開され、正式リリースまであと1週間。ブロックエディターの機能強化が目立つわけですが、地味な変更点もちらほらと。今回はその中の1つ、「個人データのエクスポート」機能に関連するフィルターを紹介する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2018年5月27日 更新)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月14日 更新)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。