comment_form_title

(2.7.0以降)
comment_form_title - コメント投稿フォームのタイトルを表示する

説明

void comment_form_title( [ mixed $noreplytext = false [ , mixed $replytext = false [ , bool $linktoparent = true ] ] ] )
コメント投稿フォームのタイトルを表示する。

パラメータ

  • $noreplytext
    トップレベルコメント時のタイトルを指定(省略時はfalse)。
  • $replytext
    リプライコメント時のタイトルパターン('%s'を含む)を指定(省略時はfalse)。
  • $linktoparent
    リプライコメントのリンクを表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトルを表示するもの。パラメータ$noreplytextがfalseの場合は'Leave a Reply'の翻訳テキストが、$replytextがfalseの場合は'Leave a Reply to %s'の翻訳テキストが適用される。なお$replytextに'%s'を含んでいないと、リプライコメントのリンク(またはその投稿者名)は表示されない。

コメントリプライのリンク(またはその投稿者名)を表示する場合はグローバル変数$commentが更新される。

使用例

  • コメント投稿フォームのタイトルを表示する。
    <?php comment_form_title(); ?>
  • コメント投稿フォームのタイトルを指定して表示する。
    <?php comment_form_title( $noreplytext, $replytext ); ?>
  • リプライコメントのリンクを表示せずにコメント投稿フォームのタイトルを表示する。
    <?php comment_form_title( $noreplytext, $replytext, false ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:24