comment_form_title

(2.7.0以降)
comment_form_title - コメント投稿フォームのタイトルを表示する

説明

void comment_form_title( [ mixed $noreplytext = false [ , mixed $replytext = false [ , bool $linktoparent = true ] ] ] )
コメント投稿フォームのタイトルを表示する。

パラメータ

  • $noreplytext
    トップレベルコメント時のタイトルを指定(省略時はfalse)。
  • $replytext
    リプライコメント時のタイトルパターン('%s'を含む)を指定(省略時はfalse)。
  • $linktoparent
    リプライコメントのリンクを表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォームのタイトルを表示するもの。パラメータ$noreplytextがfalseの場合は'Leave a Reply'の翻訳テキストが、$replytextがfalseの場合は'Leave a Reply to %s'の翻訳テキストが適用される。なお$replytextに'%s'を含んでいないと、リプライコメントのリンク(またはその投稿者名)は表示されない。

コメントリプライのリンク(またはその投稿者名)を表示する場合はグローバル変数$commentが更新される。

使用例

  • コメント投稿フォームのタイトルを表示する。
    <?php comment_form_title(); ?>
  • コメント投稿フォームのタイトルを指定して表示する。
    <?php comment_form_title( $noreplytext, $replytext ); ?>
  • リプライコメントのリンクを表示せずにコメント投稿フォームのタイトルを表示する。
    <?php comment_form_title( $noreplytext, $replytext, false ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:24