comment_id_fields

(2.7.0以降)
comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する

説明

void comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する。

パラメータ

  • $id
    コメント対象の投稿IDを指定(省略時は0)。

返り値

返り値はありません。

注意

コメント投稿フォーム向けとして、コメント対象の投稿ID'comment_post_ID'とコメント返信元のコメントID'comment_parent'の隠しフィールド(input type="hidden")を出力する。

使用例

  • コメント投稿フォームの隠しフィールドを表示する。
    <?php comment_id_fields(); ?>
  • 投稿IDのパラメータ$post_idを指定して、コメント投稿フォームの隠しフィールドを表示する。
    <?php comment_id_fields( $post_id ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2014-10-08 17:21