comments_number

(0.71以降)
comments_number - 投稿ページのコメント数を表示する

説明

void comments_number( [ string $zero = false [ , string $one = false [ , string $more = false [ , string = $deprecated = '' ] ] ] ] )
投稿ページのコメント数を表示する。

パラメータ

  • $zero
    コメントが0件の場合に表示する内容を指定(省略時は'No Comments')。
  • $one
    コメントが1件の場合に表示する内容を指定(省略時は'1 Comment')。
  • $more
    コメントが2件以上の場合に表示する内容を指定(省略時は'n Comments'。※nは実際のコメント数)。
  • $deprecated
    未使用。

返り値

何もありません。

注意

表示されるコメント件数は、グローバル変数$idの投稿情報のコメント数です。

4.0.0でコメント数を取得するget_comments_number_textが追加され、フィルターもそちらに移行されている。

使用例

  • 投稿ページのコメント数を表示する。
    <?php comments_number( 'コメントはありません', 'コメント: 1件', 'コメント: %件' ); ?>

フィルター

[1.5.0]コメント数を示す文字列を返す直前に'comments_number'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputはコメント数を示す文字列、$numberはコメント数となる。
return apply_filters( 'comments_number', $output, $number );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:00