comments_number

(0.71以降)
comments_number - 投稿ページのコメント数を表示する

説明

void comments_number( [ string $zero = false [ , string $one = false [ , string $more = false [ , string = $deprecated = '' ] ] ] ] )
投稿ページのコメント数を表示する。

パラメータ

  • $zero
    コメントが0件の場合に表示する内容を指定(省略時は'No Comments')。
  • $one
    コメントが1件の場合に表示する内容を指定(省略時は'1 Comment')。
  • $more
    コメントが2件以上の場合に表示する内容を指定(省略時は'n Comments'。※nは実際のコメント数)。
  • $deprecated
    未使用。

返り値

何もありません。

注意

表示されるコメント件数は、グローバル変数$idの投稿情報のコメント数です。

4.0.0でコメント数を取得するget_comments_number_textが追加され、フィルターもそちらに移行されている。

使用例

  • 投稿ページのコメント数を表示する。
    <?php comments_number( 'コメントはありません', 'コメント: 1件', 'コメント: %件' ); ?>

フィルター

[1.5.0]コメント数を示す文字列を返す直前に'comments_number'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputはコメント数を示す文字列、$numberはコメント数となる。
return apply_filters( 'comments_number', $output, $number );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:00