comments_open

(1.5.0以降)
comments_open - 投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる

説明

bool comments_open( [ mixed $post_id = NULL ] )
投稿ページ(情報)がコメント投稿を許可しているかを調べる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDまたは投稿情報(省略時はNULLとなり、現在の投稿情報を調べる)。

返り値

コメント投稿が許可されている場合はtrueを、許可されていない場合はfalseを返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在の投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる。
    <?php if ( comments_open( ) ) { ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる。
    <?php if ( comments_open( 10 ) ) { ?>

フィルター

[2.5.0]コメント投稿状態を返す前に'comments_open'フィルターを呼び出す。パラメータ$openにはコメント投稿状態が、$post_idは本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'comments_open', $open, $post_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_form - コメント投稿フォームを表示する
  • pings_open - 投稿ページがトラックバック・ピンバックを許可されているか調べる

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2014-10-04 21:55