comments_template

(1.5.0以降)
comments_template - コメントテンプレートを読み込む

説明

void comments_template( string $file = '/comments.php' , bool $separate_comments = false )
投稿ページ(post)または単一ページ(page)のコメント情報を取得し、コメント表示・投稿用のテンプレートファイルを読み込んで表示する。

パラメータ

  • $file
    コメントテンプレートファイルを指定。省略時は/comments.php。
  • $separate_comments
    コメントを区切る場合はtrue、区切らない場合はfalse(省略時)。

返り値

返り値はありません。

注意

投稿ページ(post)か単一ページ(page)以外のページ(アーカイブページなど)から呼ばれた場合は、なにも表示しない。 テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpが存在しない場合は、WordPress標準のテンプレートファイルが適用される。

使用例

  • テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpを読み込む。
    <?php comments_template( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

最終更新日時 : 2010-03-18 16:59