comments_template

(1.5.0以降)
comments_template - コメントテンプレートを読み込む

説明

void comments_template( string $file = '/comments.php' , bool $separate_comments = false )
投稿ページ(post)または単一ページ(page)のコメント情報を取得し、コメント表示・投稿用のテンプレートファイルを読み込んで表示する。

パラメータ

  • $file
    コメントテンプレートファイルを指定。省略時は/comments.php。
  • $separate_comments
    コメントを区切る場合はtrue、区切らない場合はfalse(省略時)。

返り値

返り値はありません。

注意

投稿ページ(post)か単一ページ(page)以外のページ(アーカイブページなど)から呼ばれた場合は、なにも表示しない。 テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpが存在しない場合は、WordPress標準のテンプレートファイルが適用される。

使用例

  • テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpを読み込む。
    <?php comments_template( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2010-03-18 16:59