comments_template

(1.5.0以降)
comments_template - コメントテンプレートを読み込む

説明

void comments_template( string $file = '/comments.php' , bool $separate_comments = false )
投稿ページ(post)または単一ページ(page)のコメント情報を取得し、コメント表示・投稿用のテンプレートファイルを読み込んで表示する。

パラメータ

  • $file
    コメントテンプレートファイルを指定。省略時は/comments.php。
  • $separate_comments
    コメントを区切る場合はtrue、区切らない場合はfalse(省略時)。

返り値

返り値はありません。

注意

投稿ページ(post)か単一ページ(page)以外のページ(アーカイブページなど)から呼ばれた場合は、なにも表示しない。 テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpが存在しない場合は、WordPress標準のテンプレートファイルが適用される。

使用例

  • テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpを読み込む。
    <?php comments_template( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2010-03-18 16:59