comments_template

(1.5.0以降)
comments_template - コメントテンプレートを読み込む

説明

void comments_template( string $file = '/comments.php' , bool $separate_comments = false )
投稿ページ(post)または単一ページ(page)のコメント情報を取得し、コメント表示・投稿用のテンプレートファイルを読み込んで表示する。

パラメータ

  • $file
    コメントテンプレートファイルを指定。省略時は/comments.php。
  • $separate_comments
    コメントを区切る場合はtrue、区切らない場合はfalse(省略時)。

返り値

返り値はありません。

注意

投稿ページ(post)か単一ページ(page)以外のページ(アーカイブページなど)から呼ばれた場合は、なにも表示しない。 テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpが存在しない場合は、WordPress標準のテンプレートファイルが適用される。

使用例

  • テーマ内のコメントテンプレートファイルcomments.phpを読み込む。
    <?php comments_template( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2010-03-18 16:59