convert_invalid_entities

(4.3.0以降)
convert_invalid_entities - 無効なHTMLエンティティを変換する

説明

string convert_invalid_entities( string $content )
コンテントに含まれる無効なHTMLエンティティを変換する。

パラメータ

  • $content
    コンテントを指定。

返り値

無効なHTMLエンティティを変換した文字列を返す。

注意

標準では投稿本文、抜粋、コメント本文の保存時に該当するフィルターにて実行される。[4.3.0]変換内容は次の通り。

変換対象変換後
    ''
€ (€)€
‚ (‚)‚
ƒ (ƒ)ƒ
„ („)„
… (…)…
† (†)†
‡ (‡)‡
ˆ (ˆ)ˆ
‰ (‰)‰
Š (Š)Š
‹ (‹)‹
Œ (Œ)Œ
Ž (Ž)Ž
‘ (‘)‘
’ (’)’
“ (“)“
” (”)”
• (•)•
– (–)–
— (—)—
˜ (˜)˜
™ (™)™
š (š)š
› (›)›
œ (œ)œ
ž (ž)ž
Ÿ (Ÿ)Ÿ

使用例

  • $textの無効なHTMLエンティティを変換する。
    <?php $text = convert_invalid_entities( $text ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2015-08-24 14:14