convert_invalid_entities

(4.3.0以降)
convert_invalid_entities - 無効なHTMLエンティティを変換する

説明

string convert_invalid_entities( string $content )
コンテントに含まれる無効なHTMLエンティティを変換する。

パラメータ

  • $content
    コンテントを指定。

返り値

無効なHTMLエンティティを変換した文字列を返す。

注意

標準では投稿本文、抜粋、コメント本文の保存時に該当するフィルターにて実行される。[4.3.0]変換内容は次の通り。

変換対象変換後
    ''
€ (€)€
‚ (‚)‚
ƒ (ƒ)ƒ
„ („)„
… (…)…
† (†)†
‡ (‡)‡
ˆ (ˆ)ˆ
‰ (‰)‰
Š (Š)Š
‹ (‹)‹
Œ (Œ)Œ
Ž (Ž)Ž
‘ (‘)‘
’ (’)’
“ (“)“
” (”)”
• (•)•
– (–)–
— (—)—
˜ (˜)˜
™ (™)™
š (š)š
› (›)›
œ (œ)œ
ž (ž)ž
Ÿ (Ÿ)Ÿ

使用例

  • $textの無効なHTMLエンティティを変換する。
    <?php $text = convert_invalid_entities( $text ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2015-08-24 14:14