convert_invalid_entities

(4.3.0以降)
convert_invalid_entities - 無効なHTMLエンティティを変換する

説明

string convert_invalid_entities( string $content )
コンテントに含まれる無効なHTMLエンティティを変換する。

パラメータ

  • $content
    コンテントを指定。

返り値

無効なHTMLエンティティを変換した文字列を返す。

注意

標準では投稿本文、抜粋、コメント本文の保存時に該当するフィルターにて実行される。[4.3.0]変換内容は次の通り。

変換対象変換後
    ''
€ (€)€
‚ (‚)‚
ƒ (ƒ)ƒ
„ („)„
… (…)…
† (†)†
‡ (‡)‡
ˆ (ˆ)ˆ
‰ (‰)‰
Š (Š)Š
‹ (‹)‹
Œ (Œ)Œ
Ž (Ž)Ž
‘ (‘)‘
’ (’)’
“ (“)“
” (”)”
• (•)•
– (–)–
— (—)—
˜ (˜)˜
™ (™)™
š (š)š
› (›)›
œ (œ)œ
ž (ž)ž
Ÿ (Ÿ)Ÿ

使用例

  • $textの無効なHTMLエンティティを変換する。
    <?php $text = convert_invalid_entities( $text ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2015-08-24 14:14