convert_smilies

(0.71以降)
convert_smilies - 顔文字を対応する画像に変換する

説明

string convert_smilies( string $text )
顔文字を対応する画像(imgタグ)に変換する。

パラメータ

  • $text
    顔文字を含んだ文字列。

返り値

顔文字部分をimgタグに変換した文字列を返す。

注意

この関数はthe_content関数のデフォルトのフィルターの1つとして組み込まれており、投稿内容を表示する際に呼び出される。なお、この顔文字変換は管理画面「設定」-「投稿設定」の「整形-顔文字を画像に変換して表示する」がチェックされている場合のみ機能する。顔文字と対応する画像は次の通り。
顔文字画像
:arrow:
:grin: / :-D / :D
:???: / :-? / :?
:cool: / 8-) / 8)
:cry:
:shock: / 8-O / 8O
:evil:
:!:
:idea:
:lol:
:mad: / :-x / :x
:mrgreen:
:neutral: / :-| / :|
:?:
:razz: / :-P / :P
:oops:
:roll:
:sad: / :-( / :(
:smile: / :-) / :)
:eek: / :-o / :o
:twisted:
:wink: / ;-) / ;)
※/で区切られている文字は、同じ画像に変換されるもの。

使用例

  • ':)'を対応する画像に変換する。
    <?php $smile = convert_smilies( ':)' ); ?>
    $smileの内容
    <img src="http://localhost/wp-includes/images/smilies/icon_smile.gif" alt=":)" class="wp-smiley">

関連

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2011-07-11 14:16