convert_smilies

(0.71以降)
convert_smilies - 顔文字を対応する画像に変換する

説明

string convert_smilies( string $text )
顔文字を対応する画像(imgタグ)に変換する。

パラメータ

  • $text
    顔文字を含んだ文字列。

返り値

顔文字部分をimgタグに変換した文字列を返す。

注意

この関数はthe_content関数のデフォルトのフィルターの1つとして組み込まれており、投稿内容を表示する際に呼び出される。なお、この顔文字変換は管理画面「設定」-「投稿設定」の「整形-顔文字を画像に変換して表示する」がチェックされている場合のみ機能する。顔文字と対応する画像は次の通り。
顔文字画像
:arrow:
:grin: / :-D / :D
:???: / :-? / :?
:cool: / 8-) / 8)
:cry:
:shock: / 8-O / 8O
:evil:
:!:
:idea:
:lol:
:mad: / :-x / :x
:mrgreen:
:neutral: / :-| / :|
:?:
:razz: / :-P / :P
:oops:
:roll:
:sad: / :-( / :(
:smile: / :-) / :)
:eek: / :-o / :o
:twisted:
:wink: / ;-) / ;)
※/で区切られている文字は、同じ画像に変換されるもの。

使用例

  • ':)'を対応する画像に変換する。
    <?php $smile = convert_smilies( ':)' ); ?>
    $smileの内容
    <img src="http://localhost/wp-includes/images/smilies/icon_smile.gif" alt=":)" class="wp-smiley">

関連

お勧めコンテンツ

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2011-07-11 14:16