count_user_posts

説明

int count_user_posts( int $userid [ , string $post_type = 'post' [ , bool $public_only = false ] ] )
投稿数を取得する。

パラメータ

  • $userid
    ユーザIDを指定。
  • $post_type
    [4.1.0]投稿タイプを指定(省略時は'post')。
  • $public_only
    [4.3.0]一般公開済み投稿のみの場合はtrueを、非公開の投稿を含む場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$useridで指定されたユーザの投稿数を返す。

注意

複数ユーザの投稿数を取得する場合は count_many_users_posts関数を使用する。またサイト全体の投稿数を取得する場合は wp_count_posts関数を使用する。

[4.3.0]ソースコードのコメントではget_usernumpostsフィルターにパラメータ$public_onlyが追加されることになっているが、こちらは実装漏れ。[4.3.1]にて実装されるとこのことされました。


使用例

  • IDが1のユーザーの「投稿」の投稿数を取得する。
    <?php $posts_count = count_user_posts( 1 ); ?>
  • IDが1のユーザーの「固定ページ」の投稿数を取得する。
    <?php $pages_count = count_user_posts( 1, 'page' ); ?>

フィルター

[2.7.0]投稿数を返す前に'get_usernumposts'フィルターを呼び出す。パラメータ$countは投稿数、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される([4.1.0]$post_typeが追加)。
return apply_filters( 'get_usernumposts', $count, $userid, $post_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

最終更新 : 2015年09月16日 11:15



お勧め

Login rebuilder 2.6.0の新機能紹介(2019年4月22日 更新)

今回追加したものは、REST API / Usersの使用をログイン時のみ使用できるように制限する機能である。この機能を有効にすることで、管理者情報が漏洩するリスクを低減させる効果が期待できる。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月14日 更新)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

classic editorプラグインを試してみた(2018年12月10日 更新)

WordPress 5.0 beta1のリリースにあわせて旧エディター環境を実現できる「classic editor」(バージョン0.5.0)が公開された。自分が公開しているプラグインの一部が旧エディター環境に依存していることもあり、さっそく試してみた。WordPress 5.0正式リリースに合わせてclassic editorも1.0がリリースされたので、それについて追記しました。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月15日 更新)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 更新)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。