count_user_posts

説明

int count_user_posts( int $userid [ , string $post_type = 'post' [ , bool $public_only = false ] ] )
投稿数を取得する。

パラメータ

  • $userid
    ユーザIDを指定。
  • $post_type
    [4.1.0]投稿タイプを指定(省略時は'post')。
  • $public_only
    [4.3.0]一般公開済み投稿のみの場合はtrueを、非公開の投稿を含む場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$useridで指定されたユーザの投稿数を返す。

注意

複数ユーザの投稿数を取得する場合は count_many_users_posts関数を使用する。またサイト全体の投稿数を取得する場合は wp_count_posts関数を使用する。

[4.3.0]ソースコードのコメントではget_usernumpostsフィルターにパラメータ$public_onlyが追加されることになっているが、こちらは実装漏れ。[4.3.1]にて実装されるとこのことされました。


使用例

  • IDが1のユーザーの「投稿」の投稿数を取得する。
    <?php $posts_count = count_user_posts( 1 ); ?>
  • IDが1のユーザーの「固定ページ」の投稿数を取得する。
    <?php $pages_count = count_user_posts( 1, 'page' ); ?>

フィルター

[2.7.0]投稿数を返す前に'get_usernumposts'フィルターを呼び出す。パラメータ$countは投稿数、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される([4.1.0]$post_typeが追加)。
return apply_filters( 'get_usernumposts', $count, $userid, $post_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

最終更新 : 2015年09月16日 11:15



お勧め

Login rebuilder 2.5.0の新機能紹介(2018年12月10日 更新)

今回追加したものは、任意の名前でロックファイルを設定し、そのファイルが存在する場合は常にログイン不可にする機能である。この機能を有効にしておくことで、何らかの理由により認証に関する情報が漏洩した場合でも不正なログインを防ぐことができる。

5.7の機能拡張:投稿一覧画面向けのフィルター(2021年2月18日 更新)

昨日、予定通り公開された「WordPress 5.7 Beta 3(以降Beta 3)」。WordPressはバージョンアップ毎にアクションやフィルターが追加されており、今回のバージョンアップでは投稿一覧画面に影響を与えるフィルターが追加されていた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2012年1月23日 更新)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 更新)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

プラグインがロードされた直後に何かする(2019年3月11日 更新)

5.1.0の変更箇所を見ていくとプラグインのロード毎にアクションが実行される仕組みが追加されていた。このアクションの使いどころを考えてみた。