count_user_posts

(3.0.0以降)
count_user_posts - 投稿数を取得する

説明

int count_user_posts( int $userid [ , string $post_type = 'post' [ , bool $public_only = false ] ] )
投稿数を取得する。

パラメータ

  • $userid
    ユーザIDを指定。
  • $post_type
    [4.1.0]投稿タイプを指定(省略時は'post')。
  • $public_only
    [4.3.0]一般公開済み投稿のみの場合はtrueを、非公開の投稿を含む場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$useridで指定されたユーザの投稿数を返す。

注意

複数ユーザの投稿数を取得する場合はcount_many_users_posts関数を使用する。またサイト全体の投稿数を取得する場合はwp_count_posts関数を使用する。

[4.3.0]ソースコードのコメントではget_usernumpostsフィルターにパラメータ$public_onlyが追加されることになっているが、こちらは実装漏れ。[4.3.1]にて実装されるとこのことされました。

使用例

  • IDが1のユーザーの「投稿」の投稿数を取得する。
    <?php $posts_count = count_user_posts( 1 ); ?>
  • IDが1のユーザーの「固定ページ」の投稿数を取得する。
    <?php $pages_count = count_user_posts( 1, 'page' ); ?>

フィルター

[2.7.0]投稿数を返す前に'get_usernumposts'フィルターを呼び出す。パラメータ$countは投稿数、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される([4.1.0]$post_typeが追加)。
return apply_filters( 'get_usernumposts', $count, $userid, $post_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2015-09-16 11:15