count_user_posts

(3.0.0以降)
count_user_posts - 投稿数を取得する

説明

int count_user_posts( int $userid [ , string $post_type = 'post' [ , bool $public_only = false ] ] )
投稿数を取得する。

パラメータ

  • $userid
    ユーザIDを指定。
  • $post_type
    [4.1.0]投稿タイプを指定(省略時は'post')。
  • $public_only
    [4.3.0]一般公開済み投稿のみの場合はtrueを、非公開の投稿を含む場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$useridで指定されたユーザの投稿数を返す。

注意

複数ユーザの投稿数を取得する場合はcount_many_users_posts関数を使用する。またサイト全体の投稿数を取得する場合はwp_count_posts関数を使用する。

[4.3.0]ソースコードのコメントではget_usernumpostsフィルターにパラメータ$public_onlyが追加されることになっているが、こちらは実装漏れ。[4.3.1]にて実装されるとこのことされました。

使用例

  • IDが1のユーザーの「投稿」の投稿数を取得する。
    <?php $posts_count = count_user_posts( 1 ); ?>
  • IDが1のユーザーの「固定ページ」の投稿数を取得する。
    <?php $pages_count = count_user_posts( 1, 'page' ); ?>

フィルター

[2.7.0]投稿数を返す前に'get_usernumposts'フィルターを呼び出す。パラメータ$countは投稿数、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される([4.1.0]$post_typeが追加)。
return apply_filters( 'get_usernumposts', $count, $userid, $post_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2015-09-16 11:15