current_filter

(2.5以降)
current_filter - 現在のフィルター(アクション)名を取得する

説明

string current_filter( )
現在のフィルター(アクション)名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のフィルター(アクション)名を返す。

注意

複数のフィルターやアクションで実行される関数において、呼び出されたフィルターやアクションを識別する際に使用する。なおWordPressの内部では、アクションはフィルターと同じように扱われている。

使用例

  • 現在のフィルター(アクション)名を取得する。
    <?php
    $name = current_filter( );
    if ( empty( $name ) ) {
    	// フィルター(アクション)以外から実行されている
    	return;
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2011-02-06 23:59