current_time

説明

mixed current_time( string $type [, mixed $gmt = 0 ] )
現在の日時を取得する。

パラメータ

  • $type
    'mysql'、'timestamp'またはdate関数のフォーマット(例:'Y-m-d')を指定。
  • $gmt
    GMT時間の場合は1またはtrue、ローカル時間の場合は0またはfalseを指定(省略時は0でローカル時間)。

返り値

パラメータ$typeが'mysql'の場合は'2011-04-25 12:34:56'の書式で返す。'timestamp'の場合は1970年1月1日 00:00:00 GMTからの通算秒数を返す(詳しくはPHP time関数参照)。

注意

GMT時間は、サーバー(PHP設定)の設定内容ではなく、管理者ページ「設定」-「一般」のタイムゾーンの設定値( get_option( 'gmt_offset' )で取得できる)を使って算出する。

使用例

  • 現在の日時をMySQLの書式で取得する。
    <?php $datetime = current_time( 'mysql' ); ?>
  • 現在の日時をGMT時間の秒数で取得する。
    <?php $time = current_time( 'timestamp', true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2021年03月31日 15:03



お勧め

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 更新)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

5.5の機能強化:テーマ変更時に要求バージョンを確認(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2が公開され、来週には正式版がリリース。変更箇所が多い「WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」のソースコードを眺めていると、テーマの切り替え前にWordPressとPHPのバージョンを確認するようになっていた。

サイトヘルス機能を使ってみた(2019年4月12日 更新)

先月末にWordPress 5.2 Beta1が、今日はWordPress 5.2 Beta2(以降5.2Beta2)が公開された。5.2ではブロックエディターの機能が強化され、サイトの安全性とパフォーマンス向上に役立つとされるサイトヘルス機能が追加される。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。