current_time

説明

mixed current_time( string $type [, mixed $gmt = 0 ] )
現在の日時を取得する。

パラメータ

  • $type
    'mysql'、'timestamp'またはdate関数のフォーマット(例:'Y-m-d')を指定。
  • $gmt
    GMT時間の場合は1またはtrue、ローカル時間の場合は0またはfalseを指定(省略時は0でローカル時間)。

返り値

パラメータ$typeが'mysql'の場合は'2011-04-25 12:34:56'の書式で返す。'timestamp'の場合は1970年1月1日 00:00:00 GMTからの通算秒数を返す(詳しくはPHP time関数参照)。

注意

GMT時間は、サーバー(PHP設定)の設定内容ではなく、管理者ページ「設定」-「一般」のタイムゾーンの設定値( get_option( 'gmt_offset' )で取得できる)を使って算出する。

使用例

  • 現在の日時をMySQLの書式で取得する。
    <?php $datetime = current_time( 'mysql' ); ?>
  • 現在の日時をGMT時間の秒数で取得する。
    <?php $time = current_time( 'timestamp', true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2021年03月31日 15:03



お勧め

5.3の新機能:日付とタイムゾーン(2019年10月2日 更新)

WordPress 5.3 Beta 1」に記載されていた「Time/Date component fixes」という見出し。開発者向として新しい関数の追加や多くのバグが修正されたとなっており、チェックせざるを得ない。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 更新)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

ACF(Advanced Custom Fields)向けにデータをインポートした時のメモ(2023年7月11日 更新)

ACFを採用するサイトにデータをインポートする際、ほとんどのことはwww.advancedcustomfields.comに記載されていたのだが、いくつかわからないことがあった。ここでは、その時に調べたことをメモしておく。

不要なプラグインを読み込まない(2023年6月2日 更新)

稼働中のサーバーにてバックグラウンドで何か処理しようとコマンドラインのプログラムを作る際、効率化や誤動作のリスクを考えると不要なプラグインはロードしないようにしたい。そんなわけで設定内容(データベース)は変更せず、特定のプラグインをロードしないようにできないか考えてみた。

Align widgets horizontally:プラグイン作ってみました(2024年2月28日 更新)

ほぼ毎日何度も見ているダッシュボードページ。自分好みに各ウィジェットの場所を配置しているものの、何かすっきりしない。そこでふと思ったのが、ウィジェットを横並びにできれば隣り合うウィジェットの並びがガタガタしなくなるのでは!?