current_user_can

(2.0.0以降)
current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる

説明

bool current_user_can( string $capability [, mixed $args ] )
現在のユーザーがパラメータ$capabilityで指定した権限(または役割)を所有しているか調べる。

パラメータ

  • $capability
    権限を指定。
  • $args
    追加パラメータを指定(省略可)。

返り値

権限を所有している場合はtrue、所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityに指定できる主な権限は次の通り。
権限
テーマの変更'switch_themes'
テーマの編集'edit_themes'
プラグインの有効化'activate_plugins'
プラグインの編集'edit_plugins'
ユーザの編集'edit_users'
ファイルの編集'edit_files'
設定の管理'manage_options'
インポート'import'
コメントの承認'moderate_comments'
カテゴリーの管理'manage_categories'
リンクの管理'manage_links'
フィルターなしのHTML'unfiltered_html'
投稿された記事の編集'edit_published_posts'
他のユーザの記事の編集'edit_others_posts'
ページの編集'edit_pages'
ファイルアップロード'upload_files'
記事の投稿'publish_posts'
記事の編集'edit_post'
閲覧'read'
管理者はこれらの権限をすべて所有している。ユーザ別の権限は、コラム「LevelとCapability」を参照。

使用例

  • 現在のユーザーが'edit_themes'を所有しているか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_themes' ) ) { ?>
  • $post_idの投稿情報を編集できるか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_post', $post_id ) ) { ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/capabilities.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2017-03-15 16:35