current_user_can

説明

bool current_user_can( string $capability [, mixed $args ] )
現在のユーザーがパラメータ$capabilityで指定した権限(または役割)を所有しているか調べる。

パラメータ

  • $capability
    権限を指定。
  • $args
    追加パラメータを指定(省略可)。

返り値

権限を所有している場合はtrue、所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityに指定できる主な権限は次の通り。
権限
テーマの変更'switch_themes'
テーマの編集'edit_themes'
プラグインの有効化'activate_plugins'
プラグインの編集'edit_plugins'
ユーザの編集'edit_users'
ファイルの編集'edit_files'
設定の管理'manage_options'
インポート'import'
コメントの承認'moderate_comments'
カテゴリーの管理'manage_categories'
リンクの管理'manage_links'
フィルターなしのHTML'unfiltered_html'
投稿された記事の編集'edit_published_posts'
他のユーザの記事の編集'edit_others_posts'
ページの編集'edit_pages'
ファイルアップロード'upload_files'
記事の投稿'publish_posts'
記事の編集'edit_post'
閲覧'read'
管理者はこれらの権限をすべて所有している。ユーザ別の権限は、コラム「LevelとCapability」を参照。

使用例

  • 現在のユーザーが'edit_themes'を所有しているか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_themes' ) ) { ?>
  • $post_idの投稿情報を編集できるか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_post', $post_id ) ) { ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/capabilities.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:52



お勧め

Gutenbergエディターのフォントを変える(2018年10月16日 更新)

Gutenbergエディターを試していてしっくりこないのが、編集時とそれを投稿した際の見た目の違い。GutenbergエディターとテーマTwenty Seventeenとではまったく異なるタイプのフォントが適用されていることが大きな理由である。

プラグインがロードされた直後に何かする(2019年3月11日 更新)

5.1.0の変更箇所を見ていくとプラグインのロード毎にアクションが実行される仕組みが追加されていた。このアクションの使いどころを考えてみた。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 更新)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 更新)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

ログインページのタイトルを変更してみる(2018年5月27日 更新)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。