current_user_can

(2.0.0以降)
current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる

説明

bool current_user_can( string $capability [, mixed $args ] )
現在のユーザーがパラメータ$capabilityで指定した権限(または役割)を所有しているか調べる。

パラメータ

  • $capability
    権限を指定。
  • $args
    追加パラメータを指定(省略可)。

返り値

権限を所有している場合はtrue、所有していない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$capabilityに指定できる主な権限は次の通り。
権限
テーマの変更'switch_themes'
テーマの編集'edit_themes'
プラグインの有効化'activate_plugins'
プラグインの編集'edit_plugins'
ユーザの編集'edit_users'
ファイルの編集'edit_files'
設定の管理'manage_options'
インポート'import'
コメントの承認'moderate_comments'
カテゴリーの管理'manage_categories'
リンクの管理'manage_links'
フィルターなしのHTML'unfiltered_html'
投稿された記事の編集'edit_published_posts'
他のユーザの記事の編集'edit_others_posts'
ページの編集'edit_pages'
ファイルアップロード'upload_files'
記事の投稿'publish_posts'
記事の編集'edit_post'
閲覧'read'
管理者はこれらの権限をすべて所有している。ユーザ別の権限は、コラム「LevelとCapability」を参照。

使用例

  • 現在のユーザーが'edit_themes'を所有しているか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_themes' ) ) { ?>
  • $post_idの投稿情報を編集できるか調べる。
    <?php if ( current_user_can( 'edit_post', $post_id ) ) { ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/capabilities.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2017-03-15 16:35