delete_comment_meta

(2.9.0以降)
delete_comment_meta - コメントメタ情報の値を削除する

説明

bool delete_comment_meta( int $comment_id, string $meta_key [ , mixed $meta_value = '' ] )
コメントメタ情報の値を削除する。

パラメータ

  • $comment_id
    コメントIDを指定。
  • $meta_key
    コメントメタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    コメントメタ情報のキー名に対応する値を指定(省略時は'')。

返り値

コメントメタ情報の値を削除した場合はtrueを、失敗した場合はfalseを返す。

注意

使い方は投稿情報のメタ情報を追加するdelete_post_meta関数と同じ。特定の値の場合のみ削除する場合はパラメータ$meta_valueを設定すること。

同じキー名のコメントメタ情報を削除する場合は、delete_metadata関数を利用できる。

使用例

  • コメントIDが2014で、キー名が'judge'の値を削除する。
    <?php delete_comment_meta( 2014, 'judge' ); ?>
  • コメントIDが2014で、キー名が'judge'の値が10の場合のみ削除する。
    <?php delete_comment_meta( 2014, 'judge', 10 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2014-10-08 17:21