delete_metadata

(2.9.0以降)
delete_metadata - メタ情報の値を削除する

説明

bool delete_metadata( string $meta_type, int $object_id, string $meta_key [ , mixed $meta_value = '' [ , bool $delete_all = false ] ] )
メタ情報の値を削除する。

パラメータ

  • $meta_type
    メタ情報タイプ('comment'、'post'、'user')を指定。
  • $object_id
    メタ情報タイプで指定した情報のID(コメントID、投稿ID、ユーザID)を指定。
  • $meta_key
    メタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    メタ情報のキー名に対応する値を指定(省略時は'')。
  • $delete_all
    すべてのメタ情報のキー名の値を削除する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

メタ情報の値を削除した場合はtrueを、失敗した場合はfalseを返す。

注意

delete_post_meta関数やdelete_comment_meta関数の下位関数で、個別のメタ情報だけでなく、同じキー名のメタ情報を一括して削除することができる(パラメータ$delete_allがtrueの場合は、$object_idは無視される)。

使用例

  • キー名が'judge'のコメントメタ情報を削除する。
    <?php delete_metadata( 'comment', 0, 'judge', '', true ); ?>

フィルター

メタ情報を削除する前に"delete_{$meta_type}_metadata"(例: delete_comment_metadata)フィルターを呼び出す。各パラメータは本関数が受け取ったパラメータの値で、falseを返すことで削除は行われない。
$check = apply_filters( "delete_{$meta_type}_metadata", null, $object_id, $meta_key, $meta_value, $delete_all );

アクション

削除対象のメタ情報を検索した後で"delete_{$meta_type}_meta"(例: delete_comment_meta)アクションを呼び出す。パラメータ$meta_idsには削除対象のメタ情報IDを格納した配列が、その他のパラメータは本関数が受け取ったパラメータとなる。
do_action( "delete_{$meta_type}_meta", $meta_ids, $object_id, $meta_key, $_meta_value );
パラメータ$meta_typeが'post'の場合のみ、削除対象のメタ情報を検索した後で"delete_postmeta"アクションを呼び出す(旧スタイル)。パラメータ$meta_idsには削除対象のメタ情報IDを格納した配列となる。
do_action( 'delete_postmeta', $meta_ids );
メタ情報を削除した後で"deleted_{$meta_type}_meta"(例: deleted_comment_meta)アクションを呼び出す。パラメータ$meta_idsには削除したメタ情報IDを格納した配列が、その他のパラメータは本関数が受け取ったパラメータとなる。
do_action( "deleted_{$meta_type}_meta", $meta_ids, $object_id, $meta_key, $_meta_value );
パラメータ$meta_typeが'post'の場合のみ、削除対象のメタ情報を検索した後で"delete_postmeta"アクションを呼び出す(旧スタイル)。パラメータ$meta_idsには削除したメタ情報IDを格納した配列となる。
do_action( 'deleted_postmeta', $meta_ids );

ソースファイル

/wp-includes/meta.php

関連

お勧めコンテンツ

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2016-02-23 15:48