delete_metadata

(2.9.0以降)
delete_metadata - メタ情報の値を削除する

説明

bool delete_metadata( string $meta_type, int $object_id, string $meta_key [ , mixed $meta_value = '' [ , bool $delete_all = false ] ] )
メタ情報の値を削除する。

パラメータ

  • $meta_type
    メタ情報タイプ('comment'、'post'、'user')を指定。
  • $object_id
    メタ情報タイプで指定した情報のID(コメントID、投稿ID、ユーザID)を指定。
  • $meta_key
    メタ情報のキー名を指定。
  • $meta_value
    メタ情報のキー名に対応する値を指定(省略時は'')。
  • $delete_all
    すべてのメタ情報のキー名の値を削除する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

メタ情報の値を削除した場合はtrueを、失敗した場合はfalseを返す。

注意

delete_post_meta関数やdelete_comment_meta関数の下位関数で、個別のメタ情報だけでなく、同じキー名のメタ情報を一括して削除することができる(パラメータ$delete_allがtrueの場合は、$object_idは無視される)。

使用例

  • キー名が'judge'のコメントメタ情報を削除する。
    <?php delete_metadata( 'comment', 0, 'judge', '', true ); ?>

フィルター

メタ情報を削除する前に"delete_{$meta_type}_metadata"(例: delete_comment_metadata)フィルターを呼び出す。各パラメータは本関数が受け取ったパラメータの値で、falseを返すことで削除は行われない。
$check = apply_filters( "delete_{$meta_type}_metadata", null, $object_id, $meta_key, $meta_value, $delete_all );

アクション

削除対象のメタ情報を検索した後で"delete_{$meta_type}_meta"(例: delete_comment_meta)アクションを呼び出す。パラメータ$meta_idsには削除対象のメタ情報IDを格納した配列が、その他のパラメータは本関数が受け取ったパラメータとなる。
do_action( "delete_{$meta_type}_meta", $meta_ids, $object_id, $meta_key, $_meta_value );
パラメータ$meta_typeが'post'の場合のみ、削除対象のメタ情報を検索した後で"delete_postmeta"アクションを呼び出す(旧スタイル)。パラメータ$meta_idsには削除対象のメタ情報IDを格納した配列となる。
do_action( 'delete_postmeta', $meta_ids );
メタ情報を削除した後で"deleted_{$meta_type}_meta"(例: deleted_comment_meta)アクションを呼び出す。パラメータ$meta_idsには削除したメタ情報IDを格納した配列が、その他のパラメータは本関数が受け取ったパラメータとなる。
do_action( "deleted_{$meta_type}_meta", $meta_ids, $object_id, $meta_key, $_meta_value );
パラメータ$meta_typeが'post'の場合のみ、削除対象のメタ情報を検索した後で"delete_postmeta"アクションを呼び出す(旧スタイル)。パラメータ$meta_idsには削除したメタ情報IDを格納した配列となる。
do_action( 'deleted_postmeta', $meta_ids );

ソースファイル

/wp-includes/meta.php

関連

お勧めコンテンツ

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

最終更新日時 : 2016-02-23 15:48