delete_option

(1.2.0以降)
delete_option - サイトオプションを削除する

説明

bool delete_option( string $option )
サイトオプションを削除する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名を指定。

返り値

$optionで指定した名前のサイトオプションを削除できた場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

削除を行う前に$optionで指定された名前のサイトオプションがあるかどうかを調べ、存在しない場合はすぐにfalseを返す。

使用例

  • 'mytheme_setting'というサイトオプションを削除する。
    <?php delete_option( 'mytheme_setting' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

パラメータ$optionで指定されたオプション値を取得した直後、delete_optionアクションを実行する。
do_action( 'delete_option', $option );
パラメータ$optionで指定されたオプション値を削除した直後、delete_option_$option$optionが'test'の場合はdelete_option_testアクションとなる)とdeleted_optionアクションを実行する。
do_action( "delete_option_$option", $option ); do_action( 'deleted_option', $option );

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • add_option - サイトオプションを追加する
  • get_option - オプションの値を取得する
  • get_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する
  • remove_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて削除する
  • update_option - サイトオプションの値を更新する

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2012-06-08 14:53