delete_option

(1.2.0以降)
delete_option - サイトオプションを削除する

説明

bool delete_option( string $option )
サイトオプションを削除する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名を指定。

返り値

$optionで指定した名前のサイトオプションを削除できた場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

削除を行う前に$optionで指定された名前のサイトオプションがあるかどうかを調べ、存在しない場合はすぐにfalseを返す。

使用例

  • 'mytheme_setting'というサイトオプションを削除する。
    <?php delete_option( 'mytheme_setting' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

パラメータ$optionで指定されたオプション値を取得した直後、delete_optionアクションを実行する。
do_action( 'delete_option', $option );
パラメータ$optionで指定されたオプション値を削除した直後、delete_option_$option$optionが'test'の場合はdelete_option_testアクションとなる)とdeleted_optionアクションを実行する。
do_action( "delete_option_$option", $option ); do_action( 'deleted_option', $option );

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • add_option - サイトオプションを追加する
  • get_option - オプションの値を取得する
  • get_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する
  • remove_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて削除する
  • update_option - サイトオプションの値を更新する

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2012-06-08 14:53