delete_option

(1.2.0以降)
delete_option - サイトオプションを削除する

説明

bool delete_option( string $option )
サイトオプションを削除する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名を指定。

返り値

$optionで指定した名前のサイトオプションを削除できた場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

削除を行う前に$optionで指定された名前のサイトオプションがあるかどうかを調べ、存在しない場合はすぐにfalseを返す。

使用例

  • 'mytheme_setting'というサイトオプションを削除する。
    <?php delete_option( 'mytheme_setting' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

パラメータ$optionで指定されたオプション値を取得した直後、delete_optionアクションを実行する。
do_action( 'delete_option', $option );
パラメータ$optionで指定されたオプション値を削除した直後、delete_option_$option$optionが'test'の場合はdelete_option_testアクションとなる)とdeleted_optionアクションを実行する。
do_action( "delete_option_$option", $option ); do_action( 'deleted_option', $option );

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • add_option - サイトオプションを追加する
  • get_option - オプションの値を取得する
  • get_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する
  • remove_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて削除する
  • update_option - サイトオプションの値を更新する

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2012-06-08 14:53