delete_post_meta

(1.5.0以降)
delete_post_meta - カスタムフィールド情報を削除する

説明

bool delete_post_meta( int $post_id, string $meta_key [ , mixed $meta_value = '' ] )
投稿情報のカスタムフィールド情報を削除する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID。
  • $meta_key
    カスタムフィールド名。
  • $meta_value
    カスタムフィールドの値(省略時は'')。同じ名前のカスタムフィールドが複数登録されている場合は、この値によって区別する。

返り値

カスタムフィールド情報を削除できた場合はtrue、削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

同じ名前のカスタムフィールドが複数ある場合、$meta_valueに現在登録されている値を指定して区別する必要がある。同じ名前のカスタムフィールドがない場合は省略できる。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報の'pv'という名前のカスタムフィールドを削除する。
    <?php delete_post_meta( 10, 'pv' ) ?>

関連

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2014-10-08 17:21