delete_post_meta_by_key

(2.3.0以降)
delete_post_meta_by_key - カスタムフィールドの値を一括削除する

説明

bool delete_post_meta_by_key( string $post_meta_key )
カスタムフィールドの値を一括削除する。

パラメータ

  • $post_meta_key
    カスタムフィールド名を指定。

返り値

カスタムフィールドの値を削除した場合はtrueを、失敗した場合はfalseを返す。

注意

delete_post_meta関数と異なり、すべての投稿情報に付随するパラメータ$post_meta_keyで指定されたカスタムフィールドの値を削除できる。内部ではdelete_metadata関数呼び出している。

使用例

  • カスタムフィールド名が'pv'の値を一括削除する。
    <?php delete_post_meta_by_key( 'pv' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

最終更新日時 : 2014-03-17 14:56