determine_locale

説明

string determine_locale()
リクエストに応じたロケールを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。


返り値

リクエストに応じたロケールを決定できた場合はそのロケールを返す。ロケールを決定できなかった場合はnullを返す。


注意

リクエストに応じてサイトの言語やログイン中のユーザーの言語、言語指定パラメータから適切なものを決定している。

get_bloginfo関数(パラメータ'language')から呼び出されている。


使用例

  • リクエストに応じたロケールを取得する。
    <?php $locale = determine_locale(); ?>

フィルター

[5.0.0]はじめに'pre_determine_locale'フィルターを呼び出す。第1パラメータはロケールで初期値はnullが格納されている。このフィルターでロケールを返した場合はそれが本関数の返り値となる。
$determined_locale = apply_filters( 'pre_determine_locale', $determined_locale );
[5.0.0]ロケールを返す前に'determine_locale'フィルターを呼び出す。第1パラメータはロケールが格納されている。
return apply_filters( 'determine_locale', $determined_locale );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

最終更新 : 2018年12月08日 12:11



お勧め

Login rebuilder 2.6.0の新機能紹介(2019年4月22日 更新)

今回追加したものは、REST API / Usersの使用をログイン時のみ使用できるように制限する機能である。この機能を有効にすることで、管理者情報が漏洩するリスクを低減させる効果が期待できる。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

囲み型ショートコードとwpautop(2018年5月27日 更新)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2018年5月27日 更新)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月14日 更新)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。