did_action

(2.1以降)
did_action - アクションが実行済みか調べる

説明

int did_action( string $tag )
アクションが実行済みか調べる。

パラメータ

  • $tag
    アクション名を指定。

返り値

パラメータ$tagで指定されたアクションの実行数を返す(アクションがないか、実行されていない場合は0となる)。

注意

登録されているアクションは、グローバル変数$wp_actionsに格納されている。

使用例

  • initアクションが実行済みか調べる。
    <?php if ( did_action( 'init' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/plugin.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • do_action - アクションを実行する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • wp_enqueue_script - スクリプトを出力用のキューに入れる
  • wp_enqueue_style - スタイルシートを出力用のキューに入れる

お勧めコンテンツ

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2011-12-26 16:44