disabled

(3.0.0以降)
disabled - disabled属性を表示する

説明

string disabled( mixed $disabled [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのdisabled属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $disabled
    disabled属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$disabledと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    disabled属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$disabledがパラメータ$currentと一致する場合は" disabled='disabled'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるdisabled属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $ageが18未満の場合、チェックボックスにdisabled属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php disabled( $age<18 ); ?> value="1" />

関連

  • checked - checked属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:37