disabled

(3.0.0以降)
disabled - disabled属性を表示する

説明

string disabled( mixed $disabled [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのdisabled属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $disabled
    disabled属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$disabledと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    disabled属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$disabledがパラメータ$currentと一致する場合は" disabled='disabled'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるdisabled属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $ageが18未満の場合、チェックボックスにdisabled属性を表示する。
    <input type="checkbox" name="car"<?php disabled( $age<18 ); ?> value="1" />

関連

  • checked - checked属性を表示する
  • selected - selected属性を表示する

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:37