do_action

(1.2以降)
do_action - アクションを実行する

説明

void do_action( string $tag [ , mixed $arg = '' ] )
アクションを実行する。

パラメータ

  • $tag
    アクション名を指定。
  • $arg
    アクション関数へ渡すパラメータを文字列または配列で指定(省略時は'')。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$tagで指定されたアクション名のアクション関数を順に実行する。
なお現状のWordPress内部ではアクションとフィルターは同じように管理されており、このdo_action関数とapply_filters関数は基本的に同じような振る舞いをしている。 /div>

使用例

  • rss2_itemアクションを実行する。
    <?php do_action( 'rss2_item' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/plugin.php

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • did_action - アクションが実行済みか調べる
  • wp_footer - wp_footerアクションを実行する
  • wp_head - wp_headアクションを実行する
  • wp_meta - wp_metaアクションを実行する

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2011-12-26 16:45