do_shortcode

(2.5.0以降)
do_shortcode - ショートコードを変換する

説明

string function do_shortcode( string $content [ , bool $ignore_html = false ] )
文字列に含まれるショートコードを変換する。

パラメータ

  • $content
    投稿記事などの文字列。
  • $ignore_html
    [4.2.3]HTML要素内のショートコードを実行しない場合はtrueを、実行する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

ショートコードが変換された文字列を返す。

注意

このdo_shortcode関数は、the_content関数のフィルターとして使用されており、投稿記事を表示する際に自動的に実行されている。ショートコードは投稿記事以外でも使用でき、add_filter関数を使用するか、テーマやプラグイン内で実行することで、任意の文字列を対象にショートコードを変換することができる。

また囲み型ショートコードでそのコンテントの中にショートコードを含める(ショーコードが入れ子になる)場合には、ショートコード関数の返り値を返す直前で本関数を呼び出す。

function shortcode_example_func( $atts, $content='' ) {

	// $contentを適宜処理

	return do_shortcode( $content );
}
add_shortcode( 'exp', 'shortcode_example_func' );

[4.2.3]HTML要素(コメントを除く)内のショートコードを先に実行する。
[4.2.3]ショートコードの実行結果を返す前に無効なショートコードのアンエスケープ処理を行う。

使用例

  • ショートコードを変換する。
    <?php $decoded = do_shortcode( $content ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/shortcodes.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

最終更新日時 : 2015-07-25 09:45