do_shortcode

(2.5.0以降)
do_shortcode - ショートコードを変換する

説明

string function do_shortcode( string $content [ , bool $ignore_html = false ] )
文字列に含まれるショートコードを変換する。

パラメータ

  • $content
    投稿記事などの文字列。
  • $ignore_html
    [4.2.3]HTML要素内のショートコードを実行しない場合はtrueを、実行する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

ショートコードが変換された文字列を返す。

注意

このdo_shortcode関数は、the_content関数のフィルターとして使用されており、投稿記事を表示する際に自動的に実行されている。ショートコードは投稿記事以外でも使用でき、add_filter関数を使用するか、テーマやプラグイン内で実行することで、任意の文字列を対象にショートコードを変換することができる。

また囲み型ショートコードでそのコンテントの中にショートコードを含める(ショーコードが入れ子になる)場合には、ショートコード関数の返り値を返す直前で本関数を呼び出す。

function shortcode_example_func( $atts, $content='' ) {

	// $contentを適宜処理

	return do_shortcode( $content );
}
add_shortcode( 'exp', 'shortcode_example_func' );

[4.2.3]HTML要素(コメントを除く)内のショートコードを先に実行する。
[4.2.3]ショートコードの実行結果を返す前に無効なショートコードのアンエスケープ処理を行う。

使用例

  • ショートコードを変換する。
    <?php $decoded = do_shortcode( $content ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/shortcodes.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

最終更新日時 : 2015-07-25 09:45