dynamic_sidebar

(2.2.0以降)
dynamic_sidebar - ダイナミックサイドバーを表示する

説明

bool dynamic_sidebar( [ mixed $index = 1 ] )
ダイナミックサイドバーを表示する。

パラメータ

  • $index
    ダイナミックサイドバーのID番号または名前を指定(省略時は1)。

返り値

ダイナミックサイドバーを表示できた場合はtrue、表示できなかった場合はfalseを返す。

注意

テーマ内のsidebar.phpで使用することが多い。サイドバー以外でもウィジェットの表示でも利用される。

使用例

  • ID番号が2に設定されているダイナミックサイドバーを表示する。
    <?php dynamic_sidebar( 2 ); ?>
  • 'secondary-widget-area'のウィジェットを表示する。
    <?php dynamic_sidebar( 'secondary-widget-area' ); ?>

フィルター

[2.5.0]登録されているウィジェットごとに'dynamic_sidebar_params'フィルターを呼び出す(ウィジェットがある場合のみ)。パラメータ$paramsはそのウィジェットのプロパティ値となる。
$params = apply_filters( 'dynamic_sidebar_params', $params );
[3.9.0]本関数の終了直前に'dynamic_sidebar_has_widgets'フィルターを呼び出す。パラメータ$did_oneにウィジェットの有無(存在した場合はtrue、存在しない場合はfalse)が、$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が格納されている。
return apply_filters( 'dynamic_sidebar_has_widgets', $did_one, $index );

アクション

[3.9.0]ウィジェットの表示前に'dynamic_sidebar_before'アクションを呼び出す。パラメータ$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が、$has_widgetsにはウィジェットの有無がそれぞれ格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar_before', $index, $has_widgets );
[3.0.0]各ウィジェットの表示直前に'dynamic_sidebar'アクションを呼び出す(ウィジェットがある場合のみ)。パラメータ$widgetにはウィジェット情報が格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar', $widget );
[3.9.0]ウィジェットの表示後に'dynamic_sidebar_after'アクションを呼び出す。パラメータ$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が、$has_widgetsにはウィジェットの有無がそれぞれ格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar_after', $index, $has_widgets );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

関連

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

最終更新日時 : 2014-04-22 09:04