dynamic_sidebar

(2.2.0以降)
dynamic_sidebar - ダイナミックサイドバーを表示する

説明

bool dynamic_sidebar( [ mixed $index = 1 ] )
ダイナミックサイドバーを表示する。

パラメータ

  • $index
    ダイナミックサイドバーのID番号または名前を指定(省略時は1)。

返り値

ダイナミックサイドバーを表示できた場合はtrue、表示できなかった場合はfalseを返す。

注意

テーマ内のsidebar.phpで使用することが多い。サイドバー以外でもウィジェットの表示でも利用される。

使用例

  • ID番号が2に設定されているダイナミックサイドバーを表示する。
    <?php dynamic_sidebar( 2 ); ?>
  • 'secondary-widget-area'のウィジェットを表示する。
    <?php dynamic_sidebar( 'secondary-widget-area' ); ?>

フィルター

[2.5.0]登録されているウィジェットごとに'dynamic_sidebar_params'フィルターを呼び出す(ウィジェットがある場合のみ)。パラメータ$paramsはそのウィジェットのプロパティ値となる。
$params = apply_filters( 'dynamic_sidebar_params', $params );
[3.9.0]本関数の終了直前に'dynamic_sidebar_has_widgets'フィルターを呼び出す。パラメータ$did_oneにウィジェットの有無(存在した場合はtrue、存在しない場合はfalse)が、$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が格納されている。
return apply_filters( 'dynamic_sidebar_has_widgets', $did_one, $index );

アクション

[3.9.0]ウィジェットの表示前に'dynamic_sidebar_before'アクションを呼び出す。パラメータ$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が、$has_widgetsにはウィジェットの有無がそれぞれ格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar_before', $index, $has_widgets );
[3.0.0]各ウィジェットの表示直前に'dynamic_sidebar'アクションを呼び出す(ウィジェットがある場合のみ)。パラメータ$widgetにはウィジェット情報が格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar', $widget );
[3.9.0]ウィジェットの表示後に'dynamic_sidebar_after'アクションを呼び出す。パラメータ$indexには本関数が受け取ったサイドバーのIDまたは名前が、$has_widgetsにはウィジェットの有無がそれぞれ格納されている。
do_action( 'dynamic_sidebar_after', $index, $has_widgets );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

関連

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-04-22 09:04