edit_post_link

(1.0.0以降)
edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを表示する

説明

void edit_post_link( [ string $link = null [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , int $id = 0 [ , string $class = 'post-edit-link' ] ] ] ] ] )
投稿記事の編集用リンクを表示する。

パラメータ

  • $link
    編集用リンクの文字列(省略時はnull)。
  • $before
    編集用リンクの前に表示される文字列(省略時は'')。
  • $after
    編集用リンクの後に続いて表示される文字列(省略時は'')。
  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $class
    [4.4.0]a要素のclass属性値を指定(省略時は'post-edit-link')。

返り値

返り値はありません。

注意

編集用リンクが表示されるのは、ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合のみ。未ログイン時や編集権限がない場合は何も表示されない。 パラメータ$linkを省略した場合は、'Edit This'(日本語環境では'編集')が適用される。またリンクのa要素のクラスはパラメータ$classの内容となる。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( null, '', '', 10 ); ?>

フィルター

[2.3.0]リンクを表示する直前に'edit_post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンクテキスト(a要素)が、$post_idには投稿IDが、$textにはリンク表記テキストが格納される。
echo $before . apply_filters( 'edit_post_link', $link, $post_id, $text ) . $after;

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2015-12-15 17:21