edit_post_link

(1.0.0以降)
edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを表示する

説明

void edit_post_link( [ string $link = null [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , int $id = 0 [ , string $class = 'post-edit-link' ] ] ] ] ] )
投稿記事の編集用リンクを表示する。

パラメータ

  • $link
    編集用リンクの文字列(省略時はnull)。
  • $before
    編集用リンクの前に表示される文字列(省略時は'')。
  • $after
    編集用リンクの後に続いて表示される文字列(省略時は'')。
  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $class
    [4.4.0]a要素のclass属性値を指定(省略時は'post-edit-link')。

返り値

返り値はありません。

注意

編集用リンクが表示されるのは、ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合のみ。未ログイン時や編集権限がない場合は何も表示されない。 パラメータ$linkを省略した場合は、'Edit This'(日本語環境では'編集')が適用される。またリンクのa要素のクラスはパラメータ$classの内容となる。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( null, '', '', 10 ); ?>

フィルター

[2.3.0]リンクを表示する直前に'edit_post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンクテキスト(a要素)が、$post_idには投稿IDが、$textにはリンク表記テキストが格納される。
echo $before . apply_filters( 'edit_post_link', $link, $post_id, $text ) . $after;

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2015-12-15 17:21