edit_post_link

(1.0.0以降)
edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを表示する

説明

void edit_post_link( [ string $link = null [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , int $id = 0 [ , string $class = 'post-edit-link' ] ] ] ] ] )
投稿記事の編集用リンクを表示する。

パラメータ

  • $link
    編集用リンクの文字列(省略時はnull)。
  • $before
    編集用リンクの前に表示される文字列(省略時は'')。
  • $after
    編集用リンクの後に続いて表示される文字列(省略時は'')。
  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $class
    [4.4.0]a要素のclass属性値を指定(省略時は'post-edit-link')。

返り値

返り値はありません。

注意

編集用リンクが表示されるのは、ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合のみ。未ログイン時や編集権限がない場合は何も表示されない。 パラメータ$linkを省略した場合は、'Edit This'(日本語環境では'編集')が適用される。またリンクのa要素のクラスはパラメータ$classの内容となる。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( null, '', '', 10 ); ?>

フィルター

[2.3.0]リンクを表示する直前に'edit_post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンクテキスト(a要素)が、$post_idには投稿IDが、$textにはリンク表記テキストが格納される。
echo $before . apply_filters( 'edit_post_link', $link, $post_id, $text ) . $after;

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2015-12-15 17:21