edit_post_link

(1.0.0以降)
edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを表示する

説明

void edit_post_link( [ string $link = null [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , int $id = 0 [ , string $class = 'post-edit-link' ] ] ] ] ] )
投稿記事の編集用リンクを表示する。

パラメータ

  • $link
    編集用リンクの文字列(省略時はnull)。
  • $before
    編集用リンクの前に表示される文字列(省略時は'')。
  • $after
    編集用リンクの後に続いて表示される文字列(省略時は'')。
  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $class
    [4.4.0]a要素のclass属性値を指定(省略時は'post-edit-link')。

返り値

返り値はありません。

注意

編集用リンクが表示されるのは、ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合のみ。未ログイン時や編集権限がない場合は何も表示されない。 パラメータ$linkを省略した場合は、'Edit This'(日本語環境では'編集')が適用される。またリンクのa要素のクラスはパラメータ$classの内容となる。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを表示する。
    <?php edit_post_link( null, '', '', 10 ); ?>

フィルター

[2.3.0]リンクを表示する直前に'edit_post_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンクテキスト(a要素)が、$post_idには投稿IDが、$textにはリンク表記テキストが格納される。
echo $before . apply_filters( 'edit_post_link', $link, $post_id, $text ) . $after;

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

最終更新日時 : 2015-12-15 17:21