esc_attr__

(2.8.0以降)
esc_attr__ - エスケープ処理した翻訳テキストを取得する

説明

string esc_attr__( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
エスケープ処理した翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    翻訳するテキストを指定
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')

返り値

パラメータ$textについて現在のロケールに応じた翻訳テキストをエスケープ処理して返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをエスケープ処理して返す。

注意

__esc_attrの合わせ技で、すぐに表示する場合はesc_attr_e関数が使える。また似たような関数としてesc_html__もある。

使用例

  • 変数$titleの内容をtitle属性として指定する。
    <?php echo '<a href="リンク先URL" title="'. esc_attr__( $title, 'PLUGIN-DOMAIN' ) .'">リンク名</a>'; ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35