esc_attr__

(2.8.0以降)
esc_attr__ - エスケープ処理した翻訳テキストを取得する

説明

string esc_attr__( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
エスケープ処理した翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    翻訳するテキストを指定
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')

返り値

パラメータ$textについて現在のロケールに応じた翻訳テキストをエスケープ処理して返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをエスケープ処理して返す。

注意

__esc_attrの合わせ技で、すぐに表示する場合はesc_attr_e関数が使える。また似たような関数としてesc_html__もある。

使用例

  • 変数$titleの内容をtitle属性として指定する。
    <?php echo '<a href="リンク先URL" title="'. esc_attr__( $title, 'PLUGIN-DOMAIN' ) .'">リンク名</a>'; ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35