esc_attr__

(2.8.0以降)
esc_attr__ - エスケープ処理した翻訳テキストを取得する

説明

string esc_attr__( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
エスケープ処理した翻訳テキストを取得する。

パラメータ

  • $text
    翻訳するテキストを指定
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')

返り値

パラメータ$textについて現在のロケールに応じた翻訳テキストをエスケープ処理して返す。翻訳テキストが見つからなかった場合は$textをエスケープ処理して返す。

注意

__esc_attrの合わせ技で、すぐに表示する場合はesc_attr_e関数が使える。また似たような関数としてesc_html__もある。

使用例

  • 変数$titleの内容をtitle属性として指定する。
    <?php echo '<a href="リンク先URL" title="'. esc_attr__( $title, 'PLUGIN-DOMAIN' ) .'">リンク名</a>'; ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35