esc_attr_e

(2.8.0以降)
esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する

説明

void esc_attr_e( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールに応じた翻訳テキストを取得し、その中に含まれている特殊文字をHTMLエンティティに変換してから表示する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるテキスト内の'シングルクォートは、'に変換される。 パラメータ$domainを省略した場合は、国際化用ファイルは、wp-content/languages/[ロケール名].moとなる。 テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • 'Default'の翻訳テキストを表示する。
    <?php esc_attr_e( 'Default' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)から'Numeric'の翻訳テキストを表示する。
    <?php esc_attr_e( 'Numeric', 'mytheme' ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_attr__ - エスケープ処理した翻訳テキストを取得する
  • load_plugin_textdomain - プラグイン用のMOファイルをロードする
  • load_textdomain - MOファイルをロードする
  • load_theme_textdomain - テーマ用のMOファイルをロードする
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35