esc_attr_e

(2.8.0以降)
esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する

説明

void esc_attr_e( string $text [ , string $domain = 'default' ] )
現在のロケールに応じた翻訳テキストを取得し、その中に含まれている特殊文字をHTMLエンティティに変換してから表示する。

パラメータ

  • $text
    英文テキスト。
  • $domain
    ドメイン名を指定(省略時は'default')。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるテキスト内の'シングルクォートは、'に変換される。 パラメータ$domainを省略した場合は、国際化用ファイルは、wp-content/languages/[ロケール名].moとなる。 テーマやプラグインで独自の国際化用ファイル(MOファイル)を使用する場合は、パラメータ$domainを指定しなければならない。

使用例

  • 'Default'の翻訳テキストを表示する。
    <?php esc_attr_e( 'Default' ); ?>
  • 自テーマの国際化用ファイル(ドメインが'mytheme'の場合)から'Numeric'の翻訳テキストを表示する。
    <?php esc_attr_e( 'Numeric', 'mytheme' ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_attr__ - エスケープ処理した翻訳テキストを取得する
  • load_plugin_textdomain - プラグイン用のMOファイルをロードする
  • load_textdomain - MOファイルをロードする
  • load_theme_textdomain - テーマ用のMOファイルをロードする
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

最終更新日時 : 2016-01-14 14:35