esc_js

(2.8.0以降)
esc_js - 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する

説明

string esc_js( string $text )
文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。

返り値

エスケープ処理した文字列を返す。

注意

具体的には次のような処理を行っている。
  • ・文字エンコーディングUTF-8における無効な文字を取り除く。
  • ・特殊文字をHTMLエンティティに変換する。
  • ・'(シングルクォート)のHTMLエンティティを'に変換する。
  • ・"\r"を除外する。
  • ・"\n"を"\\n"に置き換える。

使用例

  • 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する。
    <?php $escaped_text = esc_js( $text ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_sql - SQL文字列をエスケープ処理する
  • sanitize_bookmark_field - リンク情報の要素値をサニタイズする

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:43