esc_js

(2.8.0以降)
esc_js - 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する

説明

string esc_js( string $text )
文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。

返り値

エスケープ処理した文字列を返す。

注意

具体的には次のような処理を行っている。
  • ・文字エンコーディングUTF-8における無効な文字を取り除く。
  • ・特殊文字をHTMLエンティティに変換する。
  • ・'(シングルクォート)のHTMLエンティティを'に変換する。
  • ・"\r"を除外する。
  • ・"\n"を"\\n"に置き換える。

使用例

  • 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する。
    <?php $escaped_text = esc_js( $text ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_sql - SQL文字列をエスケープ処理する
  • sanitize_bookmark_field - リンク情報の要素値をサニタイズする

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:43