esc_js

(2.8.0以降)
esc_js - 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する

説明

string esc_js( string $text )
文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。

返り値

エスケープ処理した文字列を返す。

注意

具体的には次のような処理を行っている。
  • ・文字エンコーディングUTF-8における無効な文字を取り除く。
  • ・特殊文字をHTMLエンティティに変換する。
  • ・'(シングルクォート)のHTMLエンティティを'に変換する。
  • ・"\r"を除外する。
  • ・"\n"を"\\n"に置き換える。

使用例

  • 文字列をインラインJavaScript向けにエスケープ処理する。
    <?php $escaped_text = esc_js( $text ); ?>

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_sql - SQL文字列をエスケープ処理する
  • sanitize_bookmark_field - リンク情報の要素値をサニタイズする

お勧めコンテンツ

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:43